XR250モタード

XRmo抜群にカッコイイと思う。若い人に人気なのも解ります

アウトライン

オジサンのバイク好きにとっちゃ「なんだそれ?」と思ってしまうのが『モタード』と呼ばれるジャンル。簡単に言えばオフロードモデルのタイヤをロード用に交換したもの。考えてみればワタシも初代XL250のタイヤをオンロード用に交換して乗ってました。SL250をオンロードタイヤにしてるヒトも多かったなぁ。メーカーの仕事とあって、前輪の径を変更。アライメントも全て見直している。

エンジンフィール

4バルブOHCの空冷単気筒。ライバルは水冷が多いけれど、空冷を使い続けている。冷却間に合わなければ水冷を採用すべきだろうが、ずっと全開で走るような使い方をしない限り問題なし。ただヘビーに使うならレギュラーよりハイオクを使うことをすすめておく。チンチンになった時のノッキングは全然違います。テストコースで高速巡航してみたが、140キロくらいまで出た。とは言え基本的には高速道路より一般道が得意。

XRmo2メーター回りはXR250と同じ。リッター30キロ走ります

ハンドリング

ムカシはバンク角メチャクチャ深いTS125でステップ擦れる気合い入った走りも出来たが、さすがオジサン。明日のことを考えるとそこまで試せず。しかも箱根に行った日は半ウエットと来た。ロードタイヤの性能をフルに引き出すことは出来なかったっす。ただオフロードタイヤより圧倒的に”腰”がある感じ。タイトコーナー攻めたら楽しいだろうな、と思う。街中の取り回しは文句なし!

ライディングポジション

オフロードモデルと同じく直立した姿勢。高速道路で100キロ巡航すると、モロに空気抵抗となってしまう。反面、街中での使い勝手や、信号待ちの時の姿勢変化(低いハンドルのバイクは止まるたびに上体を起こさなければ鳴らず面倒)もしなくていい。都会派のオフローダーと言ってよかろう。ま、トレッキングシューズのようなものか? 身長170センチくらいあれば足付き性も問題なし。

XRmo3この”細さ”が街中でモノを言います!

2人乗り

写真で見るとリアシートが短いように感じるものの、運転手はタンクの直後くらいに座る。けっこうリアシートも広い。加えてサスペンションストローク長いため、乗り心地は上々。また、2人乗りするとサスペンションが沈み込むので、足付き性は大幅に向上する。また、エンジンパワーもマイルドだから、加減速Gに悩まされないで済む。街中での2人乗りだって快適だ。XR250よりブレーキ効きます。

おすすめの乗り方

これ一台で全て足りる。悩むのは普通のXR250にするかモタードにするか、だろう。25年前のワタシなら迷わずモタードにしたと思うが、オジサンになってみるとXR250で林道ツーリングでもしようかな、という魅力も大きい。ムスコと一緒に乗るバイクを買う、ということになればモタード。自分専用ならXR250というチョイスか? 51万9千円。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

brute coolers dealers

sweet-smoke.com.ua

www.tsoydesign.com.ua

このページの先頭へ