ガソリン増税へ

政府民主党は環境税の導入を諦めていなかった。2012年の10月にも第一弾の税率引き上げを考えているという。本来の予定では自動車取得税と重量税の廃止と切り替えにガソリンや軽油を増税するつもりだったのだけれど、根強い反対で両方挫折。されど我が国の収支を見たら明らかな税収不足に陥ってしまう。
 
かといって消費税の増税や、その他の増税は間に合わない。そこで最も従順で、モンク言いながらも増税を受け止めてくれる自動車関係に押しつけようという作戦に出たワケ。自民党は反対してるが与党になった途端、この手の「反対」は「賛成」になってしまう。民主党だって野党時代は「ガソリン価格を下げろ」でし
た。
 
ケシからんことに環境税の導入と引き替えに廃止される予定だった取得税と重量税はそのまま残される公算が強い。政府は早くも息の掛かったメディアと組んで
「取得税と重量税の廃止反対キャンペーン」を始めています。未だにクルマは贅沢品だと認識しているメディア(記者)が多いため、見事に乗っかった?
 
何度も書いてきた通り新聞やTVなど大手メディアの人達は自分でクルマなど運転しない。クルマ無しじゃ成立しない地方の状況を認識出来ていないのだ。かく
して減税無しの増税になる可能性極めて大。環境税の導入はおそらくガソリンから開始され、税率にして1リッターあたり5円くらいになると予想す。
 
このくらいの金額なら大きな反対運動は起きないと踏んだワケ。まぁ起きないでしょう。ガソリン価格の変動幅より少ないから消費者も受け入れてしまうに違いない。一方、電気自動車に代表される環境対応車の購入補助や優遇税制は決まったも同然。環境税を最もらしく使う部門も必要です。
 
・ECOカーアジアは「」

<おすすめ記事>

6 Responses to “ガソリン増税へ”

  1. tonpochi より:

    いや凄いですね。選挙前には暫定税率を廃止しますと言ったたのに、与党になると今度は増税ですか。
    消費税増税といい、子供手当廃止といい選挙前後でこれだけ真逆なことを良くも平気でやれるものだと感心してしまいます。
    政治主導と言っていた宇宙人や震災疫病神は今何をしているのかも解かりません。現総理は、財務官僚の腹話術人形で国民目線に立っていないです。
    内閣不信任を出すなら今じゃないでしょうか?
    もはや、震災を人質に選挙しないなんて言わせません。
    民主党はかつての社会党以上に惨敗するでしょう。
    この政権が続くことは、国民にとって最大不幸です。
    はやく下野してほしいものです。

  2. さね より:

    絶対反対!といっても増税でしょうけど。 今の役人や政治家は近い将来、復興どころか経済も財政も日本国をダメしますね必ず。有権者にできることは選挙の時の投票です。慎重に選びます。後今の大手マスコミはもう辞めてマスメディアを名乗らないでほしい。

  3. nobu より:

    馬鹿マスコミはいずれ潰れます。
    詳しくは、岸博幸さんの『ネット帝国主義と日本の敗北』に出ています。
    広告収入が激減の、新聞・雑誌が生き残れるか?
    読者側に立たない、メディアが課金と言う読者負担を受け入れてもらえるか?
    広告収入をグーグルとかのネット中間業者より、著作者が取り戻せるか?
    すべて、読者の判断ですね。
    東モ見てきました。
    スマホの車でなく、今までの集大成の車の例えと見ましたが・・・。
    セキュリティー(本人認証)ナビ(店舗情報)自動運転(トヨタは昔から研究)ボディーペイントは夢物語でしょうが、皆実現可能な技術ですよ。
    以上。

  4. 自民党 より:

    確かに民主党はマニュフェストと真逆なことばかりで、早く解散すべきです。かといって自民党があと引き継ぐ資格はまったくありません。
    財政収入が減っていくのに農業を初めとする補助金や公務員給与引き上げて財政めちゃくちゃにしたのは自民党です。
    一般家庭でもそれまで900万円の収入があって、長男が私立高校に通い、次男が塾にいって、お父さんが新車にのり、お母さんは新築ローン毎月15万円の家にいても、収入が400万円にへったらすぐに、長男は公立に次男の塾通いはやめ、車は中古か軽に、新築住宅は売却して月数万円の賃貸に変更するのがあたりまえです。
    ところが日本は、80年代のバブル消滅後20年間に給与が400万に減ってるのに900万円の家計生活をいまだに続けています。
    これを改めるには、漸次的な政策でなく、維新の会のようなドラスティックな改革しかないでしょう。民主も自民も在野どころか消えるべきです。

  5. アンチ公務員給与 より:

    公務員と高所得者と仲良くして、甘い汁を吸いあって国民に向き合わないバカ政治家。
    高所得者の税率を上げて低所得者の税負担を下げろ!公務員人件費、特殊法人予算を削れ!
    国民の生活やサービスが第一で、増税やら負担ばっかり増やすだけの無能役人どもは、職種に関係なく国民から預かった予算を健全運営してからこそやっと給料を貰う資格が出てくるはず!
    ネコババ会計やウラ金はもちろん、まず公務員の人件費がいちばん赤字の原因なんてふざけている。

  6. 那須与一 より:

    まいりました。
    ミニキャブーミーブ日産OEM版買ってもいいですか?
    10年ローンで(笑)

www.220km.net

www.steroid-pharm.com

rikon-ya.com/staff-pro.html

このページの先頭へ