スタッドレスタイヤ

先日も書いたスタッドレスタイヤ選びの件ですが、10月10日売りのCTスペシャルはすでに入手難になっている模様。内容を簡単にお伝えすると、私の推奨銘柄はブリヂストンとヨコハマ、そしてダンロップです。意外だったの、ダンロップ。驚くくらい性能を上げてきており、特に気温の低いアイスバーンなど素晴らしいトラクション性能&コーナリングパフォーマンスを見せてくれた。もはやブッチ切りでブリヂストン優勢というイメージじゃありません。ヨコハマとダンロップ、「ウインターラリー用タイヤを作っているだけありますね」と強く感じる。ヨコハマなんかタイヤ性能がモノを言うモンテカルロラリーのグループNで優勝した実績を持ちますから。ということでこの3社から贔屓で決めればいいんじゃなかろうか。基本的にドライ路面しか走らない、というならヨーロッパ製タイヤもいいけれど、ブラックアイスに出くわしたらベタ抑えで走って欲しい。先行車が国産高性能スタッドレタイヤで、同時に急ブレーキ踏むようなことがあれば怖いかも。世界のミシュランながら、販売本数を考えれば超特殊な日本の雪道に対応する開発体制を取れない、ということです。

<おすすめ記事>

One Response to “スタッドレスタイヤ”

  1. ブリヂストンBLIZZAK(ブリザック)REVO2インプレ(ただしドライ…

    【送料無料】国産車用スタッドレスタイヤ&ホィールセットブリヂストンブリザックレボ2175/…ブリヂストンBLIZZAK REVO2早くも投入。サイズは175/65R14と標準サイズ。したがってこの間まで履いていたレグノと同サイズ。直接比較する相手はレグノGR-9000ということになっ……

еще по теме

https://avtomaticheskij-poliv.com.ua

подробно

このページの先頭へ