スバルも撤退

やはりスズキはWRC休止を発表した。これまでラリー活動
を推進してきた津田社長が健康上の問題から引退した時点で「厳しいでしょうね」と予想していたけれど、JWRCだけでも継続して欲しかったところ。ちなみにスバルはグループNを除き完全休止か、年間4〜5戦に限定して参戦というチョイスになるだろう(16日18時に撤退を発表)。

こうなると不景気の余波がどこまで広がるか気になってくる。オイルショックの時は排気ガス規制という大波も受けた結果、東京モーターショーを休止(以後、2年に1度の開催となった)。モータースポーツからも撤退してしまう。聞けば国内のGT選手権は来期のスポンサーが付かない状況とか。少なくとも今までのような環境じゃなくなる。

これだけTVや新聞などで失業者の厳しい状況がクローズアップされると「お金に余裕あることをしているのは悪」という風潮になってしまう。といった点からすれがトヨタ役員の給与カットを早いタイミングで打ち出したのは良い判断だ。ただ「こういった時期だからこそ続ける」というチョイスもある。文化は人を元気づけますから。

「好きで好きで仕方ない」という空気を感じさせ、誰にでもハッキリ解るくらい節約して頑張っている文化活動なら、むしろ続けるべきだと思う。そういった意味じゃトヨタのF1に注目したい。

<おすすめ記事>

One Response to “スバルも撤退”

  1. 排気ガステスト

    インテークマジックの公開実験の模様です。
    装着前後での排気ガステスターの数字に注目して見てみて下さい。
    インテークマジック株式会社公式サイト

https://progressive.ua

maxformer.com

best-cooler.reviews

このページの先頭へ