トロロッソホンダ誕生、って皆さん知ってましたね~

私のWebサイトでは何度も紹介したため、皆さんトロロッソ・ホンダの誕生は意外なニュースじゃなかったと思う。本当の「面白さ」はここからです。ホンダを手放したマクラーレン、きっと来シーズン後悔することになる。いや、今年の鈴鹿で「しまった!」かもしれません。

難航してるスペック4のエンジン、けっこう良さそうだからだ。これまた何度か紹介したホンダジェットのコンセプトが投入されており「あらら?」と思うくらいのポテンシャルを発揮する可能性あり。マクラーレンだって知っていたから、ベルギー、イタリアと状況を見ていた。

いずれにしろ来シーズンは90%以上の確率でルノーのカスタマーエンジン使うマクラーレンより良い結果を残せると考えます。仮に鈴鹿が不発だったとしても、ホンダは不退転の覚悟で体制を変えてくる。とにかく背水の陣だと言うことはハッキリ認識してるのだった。

興味深いのは、マクラーレンとの離婚賠償だ。契約では「マクラーレンから別れ話を切り出せば、ホンダに支払い義務無し」となっていたらしい。されど今回は明らかにマクラーレン側からの解れ話です。ただホンダもだらしなかった。誰が見たって明らなこと。

ホンダだって無傷では済まない。2018年にスポンサード全額なのか、次のスポンサーが決まるまでの間の全額なのか不明ながら、けっこうな条件を飲まざるを得なかったと思う。どんな毒饅頭を食わされたのか多いに気になるところ。もちろん野次馬根性であります。

ちなみにホンダジェットの件を書いているのは現時点で私だけ。本当なのかガセなのか、これまた遠からず表に出てくるだろう。もし結果出せなければ黙っていた方がホンダジェットにとって良いですから。ホンダが大活躍し、ガセでないことを証明してくれることを願う。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

www.profvest.com

https://www.profvest.com

profvest.com/2017/08/super-ppl-otzivi-obzor.html

このページの先頭へ