ハイブリッド車に音を

先日取り上げた「ハイブリッド車の対歩行者用対応をどうするか?」という国交省の対策検討委員会が昨日行われ、チャイムのようなモノを付けるべきという方向になったようだ。年内にも指針を決め、2011年くらいから歩行者をビビらせることのないハイブリッドやEVが登場してくることになろう。

なかには「耳の不自由な人はどうするのか?」みたいな悔し紛れの突っ込みをしてくる人もいるけれど、そもそも健常者よりずっと用心深い。確認しないで車道に
フラフラ出てくるようなことなどしません。信じられないかもしれないが、音楽聞きながら自転車乗っている輩すら普通の自転車乗りより注意深い(プリウスに
乗っていると解る)。

どんな音を出すかに付いては、経験の無い対策委員会のお歴々が決めるワケじゃないので安心している。国交省と警察、自動車メーカーなどで協議するようになることだろう。個人的にはホーンのような「特定の歩行者や自転車に対し警告するシステム」は
好ましくないと考えている。エンジン音の如く走行音の一種を出すようにしたら良いと思う。

というのも速度域高くたって静かなEVに、これまた静かな低転がり抵抗タイヤを履かせれば、30km/hくらいでも静か。プリウスもEV状態になっていると極めて静か。歩道の無い30km制限の道を走っていると路地から自転車が飛び出してくることがある。見えない道からの飛び出しは、目視できている歩行者よりずっと怖い。

「自転車も道交法の対象である軽車両。一時停止を守らせればいい」と原理主義者が強行に主張してくれればいいのだけれど、そういうことは言ってくれない。所詮は制限速度すら守らない「御都合主義の原理主義」なのだ。やはり車外騒音を検出し、それより大きいインバーター音などを出すなどの賢いシステムが欲しい。

<おすすめ記事>

3 Responses to “ハイブリッド車に音を”

  1. B.Y より:

    静か目な家族用ワゴン(プリウスより、はるかに五月蝿いですが)に乗って商店街を通る時には、
    愛車のマフラー&EXマニ交換してネオバを履かせたロードスターで同じ道を通る時の数倍気を使います。
    悪そうなエキゾーストとタイヤノイズを出すロードスターでは歩行者が気付かないなんて有りませんから、
    プリウスでは、さぞかし気付いて貰えないだろうと思います。
    自分でプリウス買ったなら、パターンノイズが五月蝿くて転がり抵抗は少ないタクシー専用みたいなタイヤ履かせますかねぇ。
    アクセルペダルに連動するフェラーリ音キットとかポルシェ音、アメリカンV8音キットなんて作ったら売れそう何て不謹慎な想像して仕舞いました。

  2. 和田 より:

    先日プリウスに手動式のベルやラッパ様のものをと提案した和田です。
    今回のエントリーのとおり、路地から出てくる前の自転車にまで自車の存在を知らせるのならば、常時何らかの音を発する仕組みでなければ対処できませんね。
    別の話になってしまいますが、自転車と言えば、私の住む地域はあまりに無灯火の自転車が多くて、クルマ乗りにとって夜間は緊張の連続です。安全運転を心がけていますが、無灯火の自転車までを守る自信はありません。(余談ですみません。)

  3. ZEAK より:

    いつも楽しく拝見しています。初コメントです。
    委員会が良識のある判断をして欲しいと思います。
    着メロやオルゴールのような変な音にならなけれ
    ば良いのですが。
    せっかくの静粛性を台無しにしてしまうのもどう
    かと思いますが、確かに駐車場内をEV走行してい
    るプリウスが後ろにいても気づかずにびっくりし
    たことがあります。
    でも、変な音を出して走行していると逆に深夜な
    ど寝静まった住宅地において騒音の苦情がでるな
    んてこともあり得ます。
    そもそも、禁止になっている所もありますが、
    大音量で携帯音楽プレーヤーでシャカシャカ音を
    ばらまいている人には何の効果もないかと思い
    ます。
    個人的には、B.Yさんがおっしゃっている、好き
    なエキゾーストノート(静かなタイプね)などが
    選べて組み込めるのが良いですね(笑)
    もっとも、暴走族風の音は勘弁して欲しいですが。

Нашел в интернете классный web-сайт с информацией про студия наращивания ресниц https://make-up.kiev.ua
nash sub z cooler

www.np.com.ua/teplovoe-oborudovanie/pechi-konvekcionnye.html

このページの先頭へ