バッテリーを10年間使う方法!

10年くらい前まで私は3年毎にバッテリー交換するのが当たり前だった。特にあまり乗らないクルマは性能低下しがち。使えないバッテリーの”山”を作っちゃったほど。しかし! バッテリー延命装置を付けたところ(この会社、いろいろヤヤこしいため名前を出さない)、驚くほど効能あった次第。同時に再生効果ある充電器を購入した結果、最近バッテリー交換していない。

ちなみに現在使っているのは『オメガPRO BC02』というパルスモード付きのバッテリーチャージャー。普通のバッテリーチャージャーだと充電出来ないようなバッテリーも、こいつを使えば回復することが多いから嬉しい。バッテリー上がって無い時も「メインテナンスモード」で繋いでおくと、サルフェーションを防げるようだ。充電出来る環境ならぜひ1台持ってるとよい。

バッテリーに装着出来る延命装置は無いか? と探していたのだが、どうやら以下の『サンダーアップ』という製品が良さそうな感じ。まだ試験を始めたばかりのため効能は確証出来ないけれど、確実に良い感じ。しかも安いショップなら2732円+送料730円の3462円で購入出来る。ダメモトだと考えたって腹は立たないです。ちなみにバッテリー1個に付き1個必要。

また、バッテリー端子に直接付けなければならないため(プリウスであればリア)、隠れている場所に搭載されているバッテリーだと少し装着は厄介。長時間乗らない場合のバッテリー上がりは防げない。めったに乗らないという人は、パルスモード付きのバッテリー充電器の方が効能を実感出来ると思う。バッテリー、上手に使えば10年間くらい持つ。

追記・一般的に3~5年と言われるアイドリングストップ付きの車のバッテリーも寿命伸びたら嬉しい。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ