プラグインは2012年?

間もなくプラグイン・プリウスが発売される。とはいえ当面フリートユーザー向け。つまり環境意識の強くトヨタと関係のある企業にのみリースで販売さ
れる模様。現時点では安価で信頼性の高いバッテリーを確保できていないためだ。おそらく価格も安くないと思う。300万円を軽く超える可能性すら大。
            
            
            

普及する価格という観点からすると、標準のプリウスの30万円高くらいまでだろう。でないと、ガソリン代と電気代の差額でモトを取る事は出来ませんから。ちなみに走行1万kmあたり、現行プリウスならガソリン代約6万円。プラグイン・プリウスで毎日40km走る人だとガソリン+電気代を大雑把に計算して3万
円である。

10万km走らないとペイしない計算。逆に30万円高で買えるの、いつ頃になるか? 早くて2011年秋。常識的に考えると2012年秋。プラグイン・プリウスを考えている人は3年先になると思っていいだろう。加えて月極駐車場等充電インフラの無い人だと、そもそも充電難しい。いずれにしろ、しばらくハイブリッドです。

ただ3年後は凄い時代になっていると思う。少なくともトヨタを見ると、ヴィッツ級からクラウン級(リチウムイオンバッテリーの導入で一気に実用燃費上がる)までハイブリッドでイッキ通貫。ホンダもハイブリッドのオンパレード。70万円の格安車も出回っているだろう。それまでツナギのクルマで楽しむか、待つか。大いに迷うトコロ。

お金あるなら20世紀の価値観のクルマを買って愛おしみ、ご予算なければ今乗っているクルマをアンチエイジングし(過走行車用のモーターレブ、効きますよ〜)、延命を計る事をすすめておく。

<おすすめ記事>

One Response to “プラグインは2012年?”

  1. ぱんだねこ より:

    こんばんは。いつも楽しく勉強させていただいております。
    NHKでプラグイン・プリウスが写っていました。ラゲッジ床下にいっぱいの電池があり、パンク修理キットはどこへ?と思います。あぶないリチウムイオン電池でなくても、ニッケル水素&充電機能を付けてくれても良いのですが、それではあまり恩恵がないのでしょうか?ちょい乗りだとプリウスでも20km/l未満とか、起動時の強制充電がなくなるだけでだいぶ助かるのですが。。。(^^
    「3年」は車にとっても人間にとっても微妙な長さです。車暦も7,8年を越えると急に壊れるような気がするので、車格を落とすか、エコカー補助&減税のあるうちに、お安く買い換えて、本格普及を待つのもありかなと思います。
    「プリウスの中古」なんてのも!

продвижение сайтов днепропетровск

www.np.com.ua/holodilnoe-oborudovanie/lari-morozilnye.html

www.kover-samolet.com.ua

このページの先頭へ