ランサーかっこいい!

三菱自動車は年明けに開催されるデトロイトショーで次期型ランサーを出展するというリリースを出した。

写真を見て「う〜ん! カッコいいじゃないの!」。どうして今までこういったクルマを出せなかったのだろう。三菱にとってダイムラークライスラーから送りこまれたブーレーというデザイナーは、悪夢のような存在だったということか。

当時けっこう厳しく批評したつもりだったが、もっともっと主張すべきだったかもしれません。新型のデザインならアメリカでも売れると思う。ちなみにボディサイズは全長4570mm×全幅1760mm。現行モデルより一回り大きくなったけれど、ランエボについちゃトランクの無いショートボディになる可能性もある。シトロエンもフォードもトランク無し。4ドアじゃない方がいいかも。

搭載されるエンジンはアウトランダーなどに搭載されている新世代の4気筒。アルミブロックなので軽いし、ロングストローク化して2リッターとすれば低い回転域からトルクを引き出せる競技車両向きの特性になります。新年早々新型デリカも出る。三菱が賑やかになってきました。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

https://progressive.ua

https://best-cooler.reviews

rbt.com.ua/services/cottages-and-houses/

このページの先頭へ