レクサス。トヨタ車を厚化粧にしたら、金太郎飴になっちゃいました~

一昔前までのトヨタ車はどこで切っても同じように見える「金太郎飴」だと言われていた。私らクルマ好きからすれば、興味の対象外。それでも86やMR2やスープラ、ランクルといった趣味性の高いクルマが存在していたため、何とかトヨタ車も話題になっていたし、ベストカーガイド編集部にいた時も、それなりのニュース量あった。ツマらんだけじゃなかった、と言い換えても良い。

興味深いことに今やレクサスが金太郎飴になっている。上の写真を見て車種を言える人は少ないと思う。しかもこの角度、レクサスのアイデンティティになっている存在感強いフロントグリルをほとんど見せていないアングル。前向きになっちゃったら、もう何だかワカラン。変わり映えしなくて飽きた、とみんなから言われているマツダより個性薄いから深刻です。

参考までに下の写真はLS。CT誌の平さんだからクルマ大きく見えるけれど、大柄な男性がハンドル握ってるとESとLSの区別など出来まい。ボディのバランスが違うFFとFRすら解らない。SUVなどもボディ後半の形状が違うだけで、斜め前から見ると難解だ。かつてここまで同じデザインでいろんなクルマを作りまくったメーカーなど存在しない。デザイナー仕事してない?

本来なら日本の自動車産業にとってレクサスこそ伸ばしていかなけばならないブランドだと思う。単価の高いクルマなら、様々なトライだって可能。トヨタでは使えないコスト掛かった部品も使えることだろう。なのにレクサスは陳腐なブランド戦略で、厚化粧のトヨタ車を高く売ろうとしている。「白いTシャツとブルージーンでカッコ良い人」のようなクルマぢゃなくちゃ。

そうこうしているウチ、C-HRのようにトヨタからレクサスより上質の乗り心地のクルマが出てくるし、新型クラウンのようにレクサスより気合い入ったクルマも出て来る。ちなみに今レクサスに乗るなら、GSがおすすめ。人気無いため中古車相場も手頃。輸入車嫌いの日本車好きなら満足することだろう。乗り心地悪いので足回りはモディファイして欲しい。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

www.majbutne.com.ua

chemtest.com.ua

http://np.com.ua

このページの先頭へ