三菱、スズキ、ホンダの新世代自動ブレーキの性能が公表されました~

自動ブレーキの本当の性能は残念ながらJNCAPのテスト結果が発表されないと分からない。自動車メーカーに聞くと、止まれる性能を持っていても答えなかったり、逆に歩行者に対するブレーキ性能が弱くても対応しているとカタログに出ていたりする。ということで3車種の最新データが公開された。

まずアウトランダーPHEV。私の世代のシステムはレーダーながら気合い入ってなく、20km/hまでしか停止出来なかった。というかフルブレーキングしないシステムで、アダプティブクルコンで追随走行中も追突しそうになるほど。それが最新のバージョンアップで合格圏に。

すなわち停止車両に対しノーブレーキで接近して50km/hまで自動停止。さらに遮蔽物から出てくる歩行者(大人)に対しても30km/hまで止まれるようになった。前者の50km/hは合格点。後者の30km/hも70点レベル。子供も30km/hまで認識出来るようになったら80点を付けられる。

スズキはレーザー+カメラのシステムを採用するワゴンRのデータが出た。トヨタと同じコンチネンタルのシステムです。前者は50km/hで停止。後者30km/hと、70点レベル。不思議なことに同じシステム使うトヨタは歩行者に対するブレーキ制御を入れていない。なぜでしょ?

3車種目がマイナーチェンジしてレーザーからレーダー+カメラにグレードアップしたフィット。さすが高級なセンサーを使ってきたため前者は50km/hで止まれるようになり、従来型の25km/hから格段に上がっている。しかし後者についちゃ相変わらず「試験辞退」。ダメなので受けないということ。

ちなみにホンダのレーダーは日本電産エレシス。カメラが富士通テン。どちらがダメなのか判らない。日本電産エレシスは新世代のレーダー+カメラ一体型センサーを発表したけれど、採用するメーカーあるのだろうか? センサー性能の悪さのため酷評されてきたホンダが使ってくれるだろうか?

自動ブレーキ性能を重視してクルマを買うときは、ぜひともJNCAPの試験結果を参考にしたらいい。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

www.progressive.ua

фонарик для электронной книги led

cheapest flowers in kiev

このページの先頭へ