三菱エクスパンダー、想像以上にキッチリ作られており日本で売らない理由が見つからない!

ホーチミンショーで人気を集めていたのが三菱エクスパンダー。今まで何度か紹介してきた通り、ホンダBR-Vと並び「なぜ日本で売らないのか?」と不思議でならない2トップです。いずれもリーズナブル。大ざっぱなイメージだと、フィットとヴェゼルの中間くらいの価格設定だ。日本なら1500ccエンジン積んで170万円といったあたりだと考えてよかろう。

おそらく初代CR-Vのようなイメージかと。3列シート車はスライドドアじゃなくちゃ売れない、という今までの”常識”もクルマさえ魅力的な問題無いと言うことをCX-8が証明してくれた。やはり若いユーザーからすれば、200万円を下回るクルマじゃないと無理だと思う。エクスパンダーならSUVの3列シーター。日本の売れ筋クラスになることだろう。

なぜ売らないのか、理由についちゃ全く不明。タイで生産しているミラージュを売っているのだからインドネシア工場のエクスパンダー持ってきたってよさそうな気がする。しかもエクスパンダーの仕上がり、ミラージュより圧倒的に高い。内装に使われている樹脂もシート地も、そのまま持ってきて通用するんじゃないかと思えるほど。背もたれだって厚みある。

エンジン1500ccの104馬力。出力についちゃ日本のレギュラーに合わせるだけでもう少しがんばれることだろう。BR-Vにも言えることながらCVTのため1240kgの車重もあまり気にならないと思う。エンジンについちゃ日本仕様を考えていいかもしれません。驚くことにけっこう生産管理がキッチリしている。ボンネット開けて覗き込むと、いろんな合わせマーク。

クローズアップしてみたのが下の写真。緩み止め判定や、締め位置なのか不明ながら、全てのボルト&ネジ類にダブルチェックが入っている。ホースにも2つのチェック。日本で生産されているクルマだと、ここまで入念な仕上げはしていない(しなくても問題ないんでしょうが)。試しにイヤーモデルを1万台くらいの計画で持ってきたらいいと思う。

三菱の商品企画もホンダと並び想像力が弱いかもしれません。今や日本のユーザーにとって1番欲しいタイプのクルマを持ってこないんですから。とりあえず日本に5台くらい持ってきて、メディアや三菱の顧客筋に乗せてみたらいい。きっと相当ポジティブな反応になると思う。ということでホーチミンモーターショーの第一弾をお届けしました~。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

profvest.com

profvest.com

https://profvest.com

このページの先頭へ