新型ジムニーとシエラの価格判明! 安全性の向上を考えれば値上がりも十分納得!

7月5日に発表される新型ジムニーの価格が判明しました~。ウワサじゃ「5万円の上昇」だったり「15万円も高くなる」だったりしていたものの、フタを開けて見たら最廉価グレードの『XG』で16万円値上げの146万円。従来の上級グレード『XC』は『XL』(158万円)と『XC』(174万円)という2つに別れる。残念ながら詳細な装備内容についての情報まだ無し。

最近の流れからすれば、装備の向上無しで16万円も値上げすることなど無し。おそらくステレオカメラ式の自動ブレーキや、現行モデルでは最後まで設定しなかった横滑り防止装置、アイドリングストップなど”現代”の装備を加えてくることだろう。5万円の上昇というウワサ、安全装備などの向上分を抜いた金額なのかもしれません。安全はプライスレス。高くないと思う。

また、同時発売されるシエラの情報も流れてきた。1500ccの4気筒を搭載。自動ブレーキや横滑り防止装置付くベーシックグレードでジムニーより30万円高の176万円。こちらは現行モデルの167万円からすれば値上がり幅少ない。シムニーよりググッとカッコ良いため、御予算に余裕あるならぜひ! も日本で売って欲しいと強く思う。

スズキは新型ジムニーの情報についてかつてない箝口令を引いているが、理由は簡単。現行モデルの売れ残りを多数抱えているからに他ならない。カーセンサーで検索すると、登録だけした新車や、極めて走行距離の少ない個体が多数ヒットする。驚いたことに半月前と比べ、減ると思いきや逆! 増えているのだった。つまり新型車の情報出て以後、売れていないと言うこと。

こらもう当然だ。なんたって新型は安全性で下を見て10倍。自動ブレーキだけで80%事故が減る。さらに雪道など横滑り防止装置の威力も絶大。その割り登録しただけの新車の値引きは、たった10万円だ。26万円差で新型と安全性で大きく劣る現行と悩んだら、答え出すのに0,1秒も掛からず。そもそも3~7年後に手放す時の価格は26万円以上新型の方が高くなることだろう。

現行モデルでもいい、と考えるなら新車の10万安など甘い! 遠からずさらなる値落ちが始まると思う。欲しいヒトは大幅値引きをリクエストしよう。最低で20万円。さらに頑張ってみましょう。また、フル装備の『ランドベンチャー』も10万円程度しか安くなっておらず強気過ぎ。全ての点で新型を待った方が良い。なにより新型、カッコよいです。試乗が楽しみだ!

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

karter-kiev.net

https://np.com.ua

дизайн офисных помещений

このページの先頭へ