神戸製鋼の不正問題、使用部位によっちゃ今後拡大か?

神戸製鋼が強度不足のアルミ材を出荷したという。すでにトヨタは「ボンネットなどに使っている」とコメントしているようだ。100歩譲ってボンネット部材のような薄板なら、強度不足あっても加工の時に割れたりする程度で済むものの、サスペンションのアームなどに使われていたら心配だ。

自動車で最も危険なトラブルはサスペンションアームの破損である。高速走行時に左右どちらかのアームが破損したら、必ずハンドル取られ、進路をキープ出来ない。対向車線に飛び出せば正面衝突だし、路肩側であっても危険物や歩行者に衝突する可能性大。ブレーキ関係も怖いです。

仮に足回りの部品に使われていたなら、最悪の場合、リコールで対応しなければならないだろう。もちろん現時点では全貌が見えていない。全く問題無いかもしれないし、もし不正あったとしても早くも安全だとコメントしているJR新幹線のような状況ということだってある。心配です。

はたまた、神戸製鋼のアルミ部材は出荷を停止中。素材として採用しているメーカーがあれば、生産ラインを止めなければならないだろう。自動車用のアルミ材、簡単に他の企業から素材を購入することも難しい。そもそもアルミ材は軽量化のため人気あり、最近売り手市場になっていた。

不正規模&全体図が判明するには数日かかるという。大きな影響ないことを願いたい。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

https://kokun.net

https://jaamboo.com.ua

このページの先頭へ