花粉症にはPM2.5対応のフィルターを!

私は重症の花粉症でこそないけれど、やはり本日のような状況だと鈍頭痛やクシャミ、鼻づまりなど起きる。美味しいモノを食べても味がしないのは超もったいない。ということからお昼はカップヌードルにしました。鼻ツマっていても美味しく食べられます。ということはさておき、本来ならクルマに乗っていれば花粉フィルターで防御できているハズ。なのに症状出る。

なぜかといえば、アウトランダーPHEV用の高性能花粉フィルターが入手出来ないからだ。いつも紹介している安価かつ高性能のエムリット・フィルター、販売台数少ない三菱自動車の車種に対応しておらず。もちろん普通の花粉フィルター(クリーンエアフィルター)は標準で付いているのだけれど、効果あると言えないのだった。花粉、思っているより小さい。

確かに活きている花粉は20ミクロンくらいのサイズあるため通常の花粉フィルターでキャッチ出来る。天気の良い都会に舞ってる花粉と来たら、乾いて舗装路に当たって転がるためPM2.5サイズまでバラバラになってしまう。となると花粉フィルターじゃ無理。そもそも網目のような構造のフルターでなく違うロジックで粒子をキャッチするPM2.5対応でないとダメです。

不思議なことに仕事部屋の中にシャープのプラズマクラスタータイプの空気清浄機を入れているのだが、これまた給水を忘れて加湿してないとダメ。外よりマシながら、やはり鼻がぐずつく。プラズマクラスター機能より、湿度の方が聞くと言うことか? エムリットフィルターのサイズがある車種に乗っているなら、とりあえず試してみたらいかだだろうか。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

best-cooler.reviews

Мы предлагаем заказать и летние шины купить в любом городе.
zaraz.org.ua

このページの先頭へ