革新技術発表?

あまりに信じらない情報なのでメーカー名すら紹介出来ないけれど(エイプリルフールではありません)、8月6日にとんでもない技術の発表がありそう。もし本当なら数年間は(プラグインハイブリッドの性能向上までの間)ハイブリッドに注力するトヨタは足下をゴッソリ持って行かれると思う。少なくとも圧倒的優位という展開じゃなくなります。国沢光宏、久々にウナる。というかガセネタかと思っているほど。いや、突拍子もない話なのでガセネタの可能性も大いにありますけど……。F1はホンダが苦しんでる様子。もはや予算的にヒトケタ違うスーパーアグリF1といい勝負だもの。何度も書いている通り、今年のシャシは根本的に失敗してる感じ。空力の改善くらいで対応出来ると思えぬ。ジツはホンダ社内にもシーズン序盤から「これじゃダメ!」と鋭く指摘している有力者がいます。少しは意見を聞けばいいのに。まぁどんな会社でも人間関係は難しいということなんでしょう。

<おすすめ記事>

5 Responses to “革新技術発表?”

  1. vwD より:

    スバルの電気自動車が航続距離
    300km以上位で
    出そうな気がします
    Li蓄電池で高容量 高速充電だから
    エンジンは要らない

  2. XX より:

    日産のX-TRAILに次世代ディーゼル搭載のことですか??
    いや違うか。。
    国沢さんがウナるほどのことって何ですか?気になるなー

  3. 今村 義輝 より:

     国際特許公開2007年8月9日物件発明名称(車両用ホイールエンジン)検索サイト番号(pct/jp2007/051707)が2008年全くエネルギーコストがかからない動力発生機構構造原理革新技術が早々より広く世界に伝わります、ご期待を

  4. 今村義輝 より:

    続報、国際特許物件革新技術内容、車両それぞれの持ち合わせた荷重力その転がる以上7,8割の私どもの機構構造原理応用で動力発生としたそれを発電エネルギーで今のハイブリット車に供給するとした全くエネルギーコストがかからないシステム当然弊害のある化石燃料も必要なく残り2,3割をサイクルバイオで補う排気ガス0とした将来的に世界の自動車メーカーが開発に困窮、絞れない中、自然の摂理に基付いた人間が発祥し大人に成るまでの神の与えた弊害が発生しても知恵が付くまで化石燃料を与えた文明社会豊かになる為の暫定的原理その代替エネルギーとなる重力を応用したエネルギーコストのかからない水力発電原理システム、極最近のプラグイン車も全てがそうなれば弊害のある煤煙火力発電所の増設に繋がる限られた地球の器の中の発生又森林伐採焼畑して耕地面積の拡大サトウキビ畑の増産大豆より儲かる為の転換による食料製品の高騰化など全てエネルギーコストがかかり排気ガス(CO2)も削減に繋がらない、自動車メーカーの一時しのぎの存続維持対策、この革新技術は時代(神)が要求した遅くても、早くても実現される。テクノロジー ウィズダム 今村義輝

  5. 今村義輝 より:

    続報、解りやすく今後の経済、産業社会への果たす貢献度、内容を添付致します
    経済社会を豊かに大きく変革させる
      国際特許公開(2007年8月6日)      (    ジュネーブ国際特許本部(WIPO)検索,pct/jp2007/051707
    発明名称(車両用ホイールエンジン)
    地球上に働く無限の自然エネルギー引力(重力)を先人の知恵によって少しでも豊かに成る為に重い物を運ぶのに生み出された車輪(ホイール)に更なる豊か便利に成る為に仕組まれた革新技術、車両用ホイールエンジン(機構構造原理)
     地球上で物量移動する為のそれぞれ車両の持ち合わせた自重(荷重力)を今まで無駄に放出していたエネルギーを車輪(ホイール)の中に巧みに仕組まれた機構構造原理で持って回生エネルギーとして動力発生応用するとしたシステム
    現在、世界中の全て車両移動燃料費、排気ガスを大幅に削減、可能(エネルギーコストの発生の無い)
     6,70年で枯渇する弊害化石燃料の代替弊害の無い無限自然エネルギー応用技術を今まで潤ってきた石油産出国に変わり何の資源も無い日本から知的財産立国日本として
               テクノロジーウィズダム 今村 義輝
    革新技術(車両用ホイールエンジン)が
            産業経済社会に及ぼす影響
    弊害排気ガスを吐き出す化石燃料をわざわざ海外から代金を支払い仕入れていた自動車を移動させる為のエネルギー(化石燃料)が必要なくなる、それに代わる燃料が弊害の発生しない無限の自然エネルギー引力(重力)を応用、それぞれ車が持ち合わせた自重を機構構造原理(車両用ホイールエンジン)で持って動力発生可能とした発明
    この価値ある革新技術によって地球上で自動車を移動させる為のエネルギーが(最も最適化されれば)7,80パーセントのエネルギーコストの掛からない燃料として、そして足りない2,30パーセントをサイクルバイオ燃料で補えば弊害のある排出ガスは0となる
    現在食料製品に高騰化の原因であるバイオ燃料の一定の抑制につながる、自動車社会の現代、一般ユーザー、運送物流全てに大きな変革をもたらす燃料経費の大幅な削減が可能、
    豊かになる為の産業経済、環境を両立進歩させる事が可能となる
    〒675-0012 兵庫県加古川市野口町野口101-10   テクノロジーウィズダム 今村 義輝
    TEL-05033082185  e-m  [email protected]

このページの先頭へ