BMW118i、何と新古車が170万円代から出てきた~! 買いでしょ!

330eにリコール出たので対応に出したら118iの代車。しかも走行40km台の新車ですね。ベーシックグレードとあって超シンプルである。クルコンはオーソドックスな速度のみ。タイヤはピレリの195/55R16という、これまたちょうど良さそうなサイズ。136馬力の3気筒1500cc直噴ターボに、なぜかコスト掛かった8速ATという組み合わせ。車重1430kg。あまり期待せずに走り出す。

するとどうよ! 何回か乗った1シリーズの中で最も良い感じ。ヨーロッパ車、やはり”素”のグレードが好ましいです。ランフラットタイヤながらドタバタしていないし、1430kgあるのに軽快。普通なら安っぽくなる3気筒エンジンなのに、1500回転も回っていれば滑らか。さすがアイドリングは厳しいものの、信号待ちするとエンジン止まるためほとんど気にならない。

驚くのは一般流通価格だ。新車のプライスタグによれば320万円である。けれど 総支払い額でも194万円だという。この金額でこのクルマを買えるなんて驚くばかり! その他、中古車情報Webを探せば、200万円以下でディーゼルの118dも出てくる。超いいね!

なぜこんなに安くなっちゃうかといえば、自動ブレーキが付いていないから。今や新車の90%程度は自動ブレーキ付きだという。無いと安くしなければ売れない。だとしたら、86やWRX STI、911みたいな趣味のクルマの入り口として考えればいいだろう。なんたって味が濃いです! ちなみにのでおすすめです。

1シリーズは早くも3代目の後期型。デザインが圧倒的に洗練されてきたと思う。クルマとしての完成度だって高い。総支払い額で600万円になる新型3シリーズは確かに良いけれど、少しばかり敷居高いですね。178万円なら気軽に乗れる。1度くらいBMWと暮らしてみるのも悪くないと思います。輸入車、カンペキな新車に拘らなければ相当魅力的な条件が出てくるからステキだ。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ