ウーバー車の死亡事故、動画が公開されました。

3月19日の夜間に発生した自動運転車の死亡事故の動画が公開された。車両前方の様子と、監視のため運転席に座っていたドライバーの様子を記録していたもの。車両についての情報だけれど、制限速度35マイル(約56km/h)の区間を38マイル(約61km/h)で走行しており、衝突するまで減速していないことが公表されている。つまりウーバー車のセンサーは歩行者を検知出来ていなかった。

事故を起こしたウーバー車に付いていた前方を監視するセンサーは大きく分けて三つ。人間の目と同じ情報が入ってくる「光学カメラ」と、電波を発して前方の障害物を検知する「レーダー」。そして最も重要な役割を果たすのは屋根の上に装備される高機能タイプの「走査型ライダー」(赤外線レーザー)。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

еще по теме

У нашей организации интересный интернет-сайт с информацией про super-ppl.com.
https://np.com.ua/teplovoe-oborudovanie/pechi-dlja-fast-fuda.html

このページの先頭へ