タカタのエアバッグ、世界規模でリコール

タカタがアメリカでのリコールの全面的に認めた。2008年以降に生産されたエアバッグの炸薬内部に吸湿剤がセットされていたなど「問題点はすでに分かっていた」というあたりが決定的な理由になったのだろう。アメリカ議会からも強いプレッシャーをかけ続けられており、もはや逃げ切ることなど出来ない状況だった。<>

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

SEO progressive.ua

https://pillsbank.net

https://cafemarseille.com.ua

このページの先頭へ