トヨタ、オラオラ系デザインが進化?

最近のトヨタデザイン、自動車業界からすれば賛否両論。いや、正確に表現すると「否」の方が多い。なかでも話題に上がるのは、あまりに格好悪く販売台数まで落としたプリウスと、いわゆるマイルドヤンキー向けのドギツイ顔つきが特徴のアルファード/ヴェルファイア&エスクァイア、トヨタデザインの流れを変えた現行クラウン、そしてシエンタだ。

これらのデザインについての評価、順に紹介していきたい。まず世界的規模でドツボにハマってるのがプリウス。お笑い芸人が目尻にセロテープを貼ったような雰囲気の目つきや、ヘンな形状のテールランプなど、万遍なく評判悪い。トヨタとしては「攻めた」のだろうけれど、ウナりを上げる空振り。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

別れさせ屋 広島

www.yarema.ua

www.oncesearch.com

このページの先頭へ