ドヤ顔勝負、今回はアルファードの勝ち!

マイルドヤンキーから国会議員まで「存在感のあるクルマ」を望むユーザー層から幅広い人気を集めていたトヨタの上級ミニバン、アルファードとヴェルファイアながら、今まで売れ筋は派手な後者だった。「ヤンチャ」な人達からすれば、アルファードだと「地味で押しが弱い」ということなのかもしれない。

トヨタもアルファードの取り扱いディーラーから「ヴェルファイアと競合されたら勝てない。何とかして!」とプレッシャーを掛けられていたようだ。そんな事情により2017年12月のマイナーチェンジで大幅にテコ入れしてきた。新型アルファードのフロントデザインは、これまで押しが強かったヴェルファイアも逃げ出すほどの迫力を持たせてきたのである。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

https://pillsbank.net

Наша организация предлагает askona.ua у нашего менеджера.
lund cooler

このページの先頭へ