パナソニック、背水の陣でトヨタと協業へ

トヨタとパナソニックが自動車用電池の協業に向け動き出した。これは「パナソニックが電池に将来を掛ける」ことを意味する。詳しく説明しよう。自動車用電池に於けるトヨタとパナソニックの関係は初代プリウスに始まった。それまで実績が無かった大容量のニッケル水素電池を共同開発。大量生産したのだ。

とはいえ技術的なハードル高く、初代プリウスの初期型に搭載された電池は全て課題を抱えてしまう。結果、全てのプリウスの電池を交換することになった。信頼性を取り戻すため、初代初期型プリウスの電池について「生涯補償」としたほど。トヨタが新しい世代の電池導入に慎重なのは、この件の反省である。

当然の流れで、ニッケル水素電池の次の世代にあたるリチウムイオン電池もパナソニック主体で開発することになる。ここでパナソニックは決定的なミスをした。電池の素材としてGSユアサなど「性能は低いけれど安全」なマンガンを選んだが、

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

http://etalon.com.ua

www.progressive.ua

источник profvest.com

このページの先頭へ