ホンダ、アメリカ向き開発車を続々日本投入するも全て厳しい?

ホンダが、日本市場に新型シビックを導入してから1年が経ちました。このシビックを皮切りに、クラリティPHEV、CR-V、そして年内にインサイトと、ホンダはアメリカ市場向けに開発したクルマを次々と日本に投入しています。アメリカ市場向けのクルマはいずれもボディサイズが大きく、日本だと高価格帯に属すクルマたちです。

なぜ日本市場にアメリカ向けのクルマを次々と導入するのでしょうか。ホンダの国内販売は、軽自動車のN-BOXを筆頭に好調です。しかし、軽自動車の利益率は高くありません。そこで高価なクルマを売って利益率を高めようというのが狙いなのですが、

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

http://cl24.com.ua

www.best-cooler.reviews

steroid-pharm.com/nan-d-200.html

このページの先頭へ