ホンダF1、ラス2のブラジルGPで予選7位! なぜ?

2017年シーズンも最後になり、やっとホンダF1が上向きになってきた。何とブラジルGPでアロンソが予選7位! しかもポールポジションのマクラーレン・メルセデスから1,295秒しか遅くなかった。レッドブルとは互角。予選7位なら十分表彰台に届く。久し振りにレースが楽しみである。

1/バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG) 1:08.322

2/セバスチャン・ベッテル(フェラーリ) 1:08.360

3/キミ・ライコネン(フェラーリ) 1:08.538

4/マックス・フェルスタッペン(レッドブル) 1:08.925

5/ダニエル・リカルド(レッドブル) 1:09.330

6/セルジオ・ペレス(フォース・インディア) 1:09.598

7/フェルナンド・アロンソ(マクラーレン) 1:09.617

8/ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー) 1:09.703

9/カルロス・サインツ(ルノー) 1:09.805

10/フェリペ・マッサ(ウィリアムズ) 1:09.841

なぜか? 大きな理由の一つが、全てのパワーユニットでオイルの燃焼を止めたこと。ホンダF1が上向きになったのも、オイル燃焼システムを取り入れてからだ。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

https://best-mining.com.ua

https://tokyozakka.com.ua

У нашей фирмы авторитетный сайт , он рассказывает про https://proffitness.com.ua.

このページの先頭へ