マイルドヤンキー御用達の紫が人気?

日本で販売されるクルマのボディカラーは長いこと、大雑俳に言って半分がホワイト、4分の1程度はグレー(灰色)。ブラックを加えたら80%超といったイメージだった。実際、平成18年の構成を見たら、ホワイト48.2%のグレー25.41%。ブラック7.97%で合わせたら81.58%になる。

平成28年もこの3色で83.98%と、一段と比率も上がった。「だったら3色でいいのでは?」と思うだろうけれど、やはり地味。カタログ用に話題性のある色を入れないと、クルマ全体のイメージも伸び悩むそうな。確かにホワイトとグレー、ブラックしかないカタログやショールームは寂しい。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

www.ford.niko.ua

У нашей компании полезный веб сайт , он рассказывает про реклама на гугле.

このページの先頭へ