マツダCX-8。果たして魅力的か? それとも‥‥

マツダから「CX-8」とネーミングされた、SUVの3列シート7人乗りモデルが登場した。今や売れ筋になっている「SUV」と「3列シート」の良いどころ取りをしている一石二鳥なのか、はたまた、どちらにとっても中途半端な「二兎を追う者は一兎をも得ず」なのか? 分析してみたい。

まずSUVとしての魅力だけれど、商品的にはCX-5のボディが355mm長くなり、同じ装備内容の場合、35~40万円高くなったと思えば間違いない。結果、例えば最小回転半径はCX-5の5.5mから5.8mに大きくなってしまった。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

http://mitsubishi.niko.ua

https://mitsubishi.niko.ua

https://hebidoshi84.blog.fc2.com

このページの先頭へ