事故に遭ったら乗員の重傷率を判定。危なければ緊急出動! これは安心です!

クルマを運転していれば誰もが交通事故に遭遇する可能性持つ。自分で注意していたって相手から突っ込まれたらいかんともしがたい。もし事故で意識を失うようなケガを負ったらどうか? 自ら連絡できなければ、誰かが救急車を呼んでくれるまで待つことになる。はたまた単独事故であれば、通りがかりの人に見つかるまでそのまま。出血多い重篤なケガだと生命に影響するし、痛いです。

そんな時に素晴らしい効能を発揮するのが『Dコールネット』(救急自動通報システム)という新しい「安全装備」だ。私のような専門家ですら知らなかったのだけれど、今や素晴らしい状況になっていた。以下、具体的に紹介しよう。御存知の通りクルマはたくさんセンサー付いている。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ