新型クラウン、公道初試乗!

すでにプロトタイプの試乗レポートをお届けしているトヨタ 新型「クラウン」ですが、これまでは発表前でナンバーを取得出来ていないということもあり、限られた条件でのテストコースでした。果たして一般道を走っても印象は変わらないでしょうか? 初期受注の80%を占めるという売れ筋の2500ccハイブリッドからレポートします。

まず、シフトレバーをDレンジにセレクトしてアクセル踏むと、音も無くモーターのパワーだけでスルスルと走り出します。トヨタ式ハイブリッドお約束の流儀です。タイヤが数転がりしてエンジンを始動しますが、さすがクラウン。エンジン音はプリウスなどより格段に静か。オーディオなど掛けていたら、

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ