日本車史上で最も過小評価されているアウトランダーPHEV、大幅改良です

少し大ゲサながら、日本車の歴史で三菱 アウトランダーPHEVほど過小評価されているモデルは思いつかない。例えばエンジンで発電機を回しモーター駆動するというパワーユニットについて言えば、大人気となっている日産 ノートやセレナのe-POWERと同じシステムである。

写真は違う人です

いや、プラグインハイブリッドのアウトランダーPHEVの方が、e-POWERに加え、巡航用にエンジン直結モードを持つためワンランク上だ。なのに皆さんe-POWERの方が新しいと認識してます。一般紙の記者さんなどにアウトランダーPHEVの方が先に出ている旨を説明すると、

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ