日産リーフの中古車相場が激落! 下取り車は価格付かず

電気自動車、日産リーフの中古車価格が激しく下落している。2011年や2012年の初期モデルについていえば、30万円~40万円という超バーゲンセール。新車時に325万円した2016年モデルの自動ブレーキ付きモデルすら110万円台で購入可能という状況。日本の量販自動車で最も激しい価格下落を記録中である。

なぜ暴落か? 理由は簡単。バッテリーの性能劣化のためである。御存知の通りバッテリーの場合、使っていると性能低下する。初期型のリーフで言えば、新車時に160kmほど走れたものの、今や100km以下になってしまった個体すら珍しくない。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

http://medicaments-24.com

https://velotime.com.ua

np.com.ua/oborudovanie-dlja-bara.html

このページの先頭へ