自動ブレーキ付きに乗る25%が想定外の動作? ホントかね!

1月18日、国民生活センターが2000人を対象にしたアンケート調査の結果を公表。全体の25%が自動ブレーキの「急加速、急減速など想定外の動作を経験した」と回答していたことが分かりました。正しく使えばいざという時の身を守る便利な自動ブレーキですが、当然過信は禁物。実はどのような機能か詳しく理解していない方が一定数いるようです。今回は改めて自動ブレーキとはどういう機能なのか、振り返って解説していただき、先進安全装置についての理解を深めていきます。

牧野:今日のテーマはこれまでの動画でも取り上げた自動ブレーキ。先日気になるニュースが話題に上っていました。1月18日に国民生活センターが「自動ブレーキについての認識調査」の結果を発表しました。それによると、「自動ブレーキが想定外の動作を体験」した方が全体の25%、4人に1人が自分の意図しない動作をしたということのようです。

国沢:ホントかな?と思うけどね。私はまったく信じていないです。牧野君はこの結果信じます?

牧野:まあ、一応このような形でデータとして出ましたので、半信半疑ですがなんとなく。

国沢:具体的な内容見ました?「急に加速した」って回答している人がいたんですが、自動ブレーキって急に加速する機能は付いていないと思うんですよ。しかも、事故を起こした人が25%のうち、122人もいるんです。2000人に聞いたんですよ? そのうち122人が事故起こしてますって、そんなのホントだったら全部リコールでしょ?

牧野:確かにその通りですね。すごい割合ですからね。

国沢:私の読者も含めた知り合い2000人を対象に事故を起こしたかを聞いたら居なかった。ゼロ。もちろん、誤作動というか、思ったような動きをしなかったということはありますよ。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ