自動運転車の死亡事故。さらなる情報

2018年3月18日(現地時間)米国で、ウーバーの自動運転実証試験中だった車両が重大事故を起こしました。ウーバーは米国でスタートした企業で、日本で知られているサービスでいうと、アプリやウェブを利用し、ウーバーに登録をした車がタクシーやハイヤーのように目的地まで連れて行ってくれる配車サービスがあります。日本でもこの配車サービスの事業は、2014年より都内の一部でサービスを開始しています。

なぜ、配車サービスで知られるウーバーが自動運転の実証試験を行っていたのでしょうか。ウーバーは2016年9月にアドバンスド・テクノロジー・センター(ATC)を立ち上げ、自動運転車版ウーバーを将来のサービス基盤にしようとしていたのです。さて、今回の事故の報道を受け、実際にクルマの自動運転開発を行っている複数の自動車メーカーに

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

https://optiontradingstrategies.net

igloo metal cooler

military circle movie times

このページの先頭へ