電気自動車時代に向けネオジム不足必至! トヨタの対応策とは?

今や電気自動車の普及は大きな流れになってきた。大雑把な流れをまとめれば、来年からアメリカと中国で厳しい規制に対し本格的な対応をしなければならず、その後、2030年あたりからヨーロッパやインドなどでも電気自動車のニーズは増えていくことになる。そんな中、いろんな”宿題”を解決していかなければならない。今回トヨタが発表したのはモーター分野の”宿題”である。

ご存じの通り電気自動車に使われる高性能モーターを作ろうとすると「ネオジム」という特殊な素材を使わなければならない。2代目プリウスが登場した2003年あたりは高性能磁石以外に用途少ないということから需要少なく、価格も適当な相場で安定していた。しかし2005年あたりから中国は「これは戦略的な資源だ」ということに気づく。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

ry-diplomer.com

farm-pump-ua.com/

www.citroen.niko.ua

このページの先頭へ