首都高の雪対応、今度ヘマしたら許さんぞ! と言っても悲しいかな屁の突っ張りか

ご存じのとおり1月22日の昼から降り始めた雪により、首都高でスタックするクルマが続出。管理者の『通行止め措置』より前に、まったく機能しなくなった。中央環状線のトンネルなど、10時間も動かない状態となる。翌日の23日は暖かくなったものの、首都高の対策がカンペキな失敗。

残った雪はカチンカチンの氷と化し、通行止めを続けなければならず流通の遅れまで出た。よく「東京は雪に弱い」と言われるけれど、今回の首都高、完全なる人災だ。以下、ジックリ分析してみたい。そもそも今年の冬は厳しく、

 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

トピックの詳細

progressive.ua

profvest.com/

このページの先頭へ