C-HR、229万円のグレードを追加

昨年は白ナンバーの日本車で4番目に売れたC-HRながら、さらにユーザー層を広げようという作戦に出てきた。1200ccターボエンジン搭載モデルに、自動ブレーキやサイド&カーテンエアバッグをフル装備しながら229万円という魅力的なプライスのグレード(2WDのFFモデル)を追加してきたのである。紹介しよう。

 

これまでC-HRはハイブリッド車がメインとなり、降雪地域のユーザーに向け、1200ccターボの4WD車も選べるというラインナップだった。ただハイブリッド車も1200ccターボ車もライバル車より割高感があり、最近は販売台数も伸び悩み傾向。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ