「試乗&解説リポート」の記事一覧(2 / 94ページ)

「あおり運転はあおられる方にも原因がある」と書いたら反発された~!

「あおり運転はあおられる方にも原因がある」という記事を書いたら、予想通り様々な反発意見が出てきた。全て想定していた内容だし、よく読んで頂ければ記事に盛り込んであるのだけれど、昨今の人は読解能力の問題なのか理解出来ないよう・・・

なぜマツダはディーゼルにこだわるのか?

欧州車は大半のメーカーがディーゼルエンジン搭載モデルをラインアップしているうえ、販売比率も多い。一方、日本のメーカーを見ると、乗用車に限って言えば(トヨタも三菱もSUVやミニバンのみ)、ディーゼルエンジン搭載モデルを売っ・・・

フォレスターのハイブリッドに試乗。スバルファンならOK!

すでに発表&発売されていたスバル フォレスターながら、初期受注の40%を占めていたハイブリッド仕様(Advance)は生産開始時期までに2カ月ほどのタイムラグがあった。メディア向けの試乗車もやっと出回り始め、一般道で乗れ・・・

あおられる理由の大半はあおられたドライバーにある!

駅や繁華街など公共の場所に於ける日本人のマナーは悪くないと思う。前から人がくれば避けるし、人のジャマになるようなこともしない。トラブルの原因になるからだ。けれどクルマに乗った途端、世界の三流国並の自分勝手になってしまう。・・・

3列シートSUV、アウトランダーは268万8680円。2列でいいならCX-5がお買い得~

最近人気のSUVは、いざ購入となると案外高い買い物になってしまう。スバル新型フォレスターの場合、自動ブレーキ付きで最も安いグレードが280万8000円(4WD)。ホンダ新型CR-Vは323万280円(FF)。日産エクスト・・・

国沢光宏の気になるクルマ、けっこう面白くなってきたと思います!

自動車評論家の国沢光宏さんが、話題のクルマをお届けするWEB番組「国沢光宏の気になるクルマ」。7回目は三菱のSUV、アウトランダーPHEVをサーキットで試乗しました。マイナーチェンジを受けて走りはどのように進化したのか?・・・

新型フォレスター公道初試乗! いわゆる「ブレッド&バター」。普通に良いクルマです

クローズドコースでの試乗レポートは、すでにお届けしている新型フォレスターですが、今回は「公道初試乗」ということになります。結論から書くと『良い意味でもそうでない意味でもブレッド&バターですね!』。その意味を以下、じっくり・・・

レクサスのドアミラーレス、シンプルにカッコ悪い

レクサスが間もなくドアミラーレス仕様(デジタルアウターミラー)を日本でも10月に発売となる新型『ES』に設定すると発表しました。カメラで映した画像を車内に設置された液晶画面に表示するという技術で、すでに実用化されているル・・・

クルマの価格はメーカーの気分で決まる! 高ければ売れないです

国内と海外で同じクルマでも価格が異なるということはよくある。それはそれぞれの国の物価にあわせたり、生産や輸送のコストなどを反映した結果である。しかし、満を持して登場したホンダのクラリティPHEVはやや事情が特殊。なんと生・・・

日本専用の5ナンバー車、もはや風前の灯火状態に!

2018年8月の新車販売台数(登録車)をみると、トップ10のうち8車種が5ナンバー車です(タイプやグレードにより3ナンバー車も含む車種あり)。しかし、日本独特の“車両規格”になっている車幅1700mm未満『5ナンバー』車・・・

このページの先頭へ