サンキャット22

昼からマリーナへ行って日産サンキャット22の試乗。サンキャット26に続くカタマラン(双胴艇)のシリーズである。停船している時の左右の安定性がモノハル(普通の船型)より良く、走行抵抗少ないため燃費良いという特徴を持つ。特に環境の時代を迎え、後者は非常に大きな強みになると考えます。

3221

「センターコンソーラー」と呼ばれるタイプ

なのになのに! 日産マリーンはあまり意識していないようで、22フィートのフネに135馬力という大出力のエンジンを組み合わせてきた。燃費を聞くと「おそらく1時間あたり25Lくらいだと思います」。私が以前乗っていたサンクルーズ22で115馬力。18ノット巡航なら20L/1hだった。それより絶対良いハズ。

3223

ボディに対してエンジンがデガい!

90馬力くらいの船外機を搭載し(最高速は28ノット出れば十分)、徹底的に燃費を追求したらいい。20ノット巡航で20L/1hを切れれば相当燃費良いフネだと言える。というか、そのくらいのポテンシャルを持ってると思う。日産のカタマランにはぜひとも新しい切り口を見せて欲しいです。

3222

このエンジンなら34ノットくらい出るそうな

終了後、シーバス釣りにでも行こうと思ったら、超ツベタイ北東風。それほど強い風じゃないものの、骨の髄から冷える感じ。吹きっさらしのセンターコンソーラーで1時間くらい海の上にいたこともあり、躊躇モード。マリーナで古い知人にバッタリ会ったので、レインボーブリッジ&台場コースなど。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

www.renesans-centr.kiev.ua

http://www.profvest.com

https://farm-pump-ua.com

このページの先頭へ