スイフトスポーツかヴィッツGRか? シビックタイプRにも乗りました(12日)

自動車業界は景気良いのか、ジジイにも毎日声がかかる。今日は5時半に家を出て袖ケ浦サーキットへ。オートックワンのサーキット試乗でございます。考えてみたらスポーツモデルをキッチリ味見しようと思ったら、もはや公道なんて無理。だからこそヴィッツGRはサーキットで試乗会だった。スイフトは公道。

ということでサーキットにて味見。するとどうよ! ドッチも楽しい! ヴィッツGRのスポーツCVTの上手なセッティングに驚き、スイフトスポーツのトルクの太さにニンマリ。詳細は近々オートックワンで記事&動画など。ヴィッツGRにスイフトスポーツのエンジン組み合わせたら、けっこう欲しくなりそう!

NSXも持ち込んだ。鈴鹿サーキットで試乗したのは試作車。今回乗ったの現在販売してるスペックだという。これまた詳細はオートックワンの記事&動画をお楽しみに。けっこう振り回せるクルマだということを認識しました。30度くらいのカウンターステアを与えるほど滑ったって、とてもコントローラブル。

何より感心したのがスタイル。どの角度から見ても美しいと思う。エクステリアと全く違うレベルのインテリアをゼロからやり直し、走りをブラッシュアップしていけば、アウディR8くらいなら勝てるクルマになるんじゃなかろうか。もちろん後輪駆動ハイブリッド無しがあったっていい。

後ろに見えてるシビック・タイプRにも乗りました~! このクルマで全日本ラリーのターマック戦だけ走ってみたいと思ったほどハンドリングに奥行きがある。エンジンのトルクバンドも広い。お金持ちならサクサク全日本ラリーに出ちゃうのに。ターマックならWRX STIやランエボXに肉薄出来るかも!

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

https://monaliza.kiev.ua

https://np.com.ua

lkredit.com.ua/page/kredit-pod-zalog

このページの先頭へ