ステップワゴン売却。一括査定サイトを使ったら‥‥(20日)

ステップワゴンを手放すのも取材になるので、いろいろ試して見ることにした。参考になると思います。まずはオーソドックスな『一括見積もり』。タイヘンなことになると聞いていたので、ほとんど使っていない自宅のFAXをメインに使っている固定電話の番号を使う。また、1度に12社くらいに依頼するというタイプだったので、国産車と縁遠い業者を抜かし7社に絞った。

するとどうよ! どういうシステムなのか解らないけれど、フォームを送るためポチッとエンターキー押した瞬間に電話掛かってきた! 早取り大将ですね! 電話口で「たくさん掛かってきますから電話線を抜いてください。とにかくウチで精一杯のネダンを付けます! 他の電話には出ないでください」とコーチされる。へぇ~、と思い電話置いた瞬間、次の業者から電話。

これは断り切れず、最初の業者と約束した時間の2時間後に約束。そのまま電話線を抜く。確かにお祭りだ。ちなみに最初の業者と2件目の業者、見事に同じ提示価格でした。それほど悪い金額でもなかったけれど、この程度の情報じゃ取材にならないですね。電話線抜いたらメールが入っていたので、皆さんに5万円高い希望価格を伝え、条件合えばすぐ手放しますと返信。

果たして5万円高くなるでしょうか? ここまで読んで解る通り、一括査定はスゴイ状況になる。出来れば手堅い業者を5つくらいに絞って依頼を出したらいいと思う。また、こういった業者は買い取り額に大差ないということも判明。あまりアチコチ手広くやっても時間と手間のムダ。今回の取材終わったら、好感持てた買い取り業者を紹介したい。

移動中、TVニュースで「高田純次さんが追突事故を起こしました」の後にCM入り。をいをい。こんなネタでCMを引っ張る? どんなスゴイ被害出ているのかと思いきや、ケガ人はいない。「だからどうした?」であります。強いて言えば「次は自動ブレーキ付きを強くすすめます」ですワな。敬愛する高田純次さん。この件で神妙な顔などせず、上手に笑いを取って頂きたく!

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

www.gepatite.com

подробнее www.nl.ua

источник apach.com.ua

このページの先頭へ