スマートいらんか〜?

CBR250Rに一週間ほど試乗してみた。結論から書くと「軽快・楽ちん・楽しい」といった感じ。リッター級のバイクに乗っている人なら実感してると思うけれど、ガレージから出して乗ろうとした時に、ある程度のハードルがある。乗るならしっかり乗らなくちゃアカン、みたいな気構えを要求されるワケ。

Cbr2501

取り回しも軽い軽い

けれどCBR250Rのようなバイクだと、極端なハナシ、スクーター感覚で乗れてしまう。絶対的な動力性能は「スポーツバイクとしてギリギリ」といった程度ながら、バイクについちゃパワージャンキーの私でも「これだけ走ってくれれば実用に足りる」。毎日の足として使うならベストチョイスかと。

Cbr2502

アナログの回転計+デジタルの速度計

予想外だったのはコーナリングの良さ。乗ったことないけれど、読み物に出てくる零戦の如し! 寝かし込みが素直。曲がろうと思ったら曲がってる、といった雰囲気。こんなに軽快なバイクは初めて。曲がっている道を捜したくなってしまう。こいつでツイスティな峠道を走ったら楽しかろう。

夕方に大恩寺の御住職が来訪。使っていないスマートを持っているので被災地に提供したいけれど、どうしたモノか、とのこと。確かに被災地へ「使ってください」と持っていっても、向こうだって扱いに困るだろう。かといって中古車屋さんでクルマ見ている人に「乗ってください」というのも妙。

しかも左ハンドルだし大量荷物も積めず実用性としちゃイマイチ。一方、狭い道でも小回り効いて燃費良く、何より可愛いスタイルが気持ちを和ませてくれることだろう。ちなみに一定期間使ってもらったら(その間の管理費などはコチラ持ち)オークションに出し、売れた金額を寄付しようと考えてます。

もし良いアイデアを持っている読者諸兄がおられたら教えて欲しい。また「ここに持っていって欲しい」みたいなリクエストも大歓迎です。知人や友人など被災された方がいるなら、必要とされる場所があるか聞いてくださいまし。今週中に車検を取る予定なので、早ければ週末にでも洗車満タンでお届けします。

<おすすめ記事>

7 Responses to “スマートいらんか〜?”

  1. Nankei より:

    中途半端に名義変えずに貸与とかになると、万が一事故などが発生したら厄介なので、普通に欲しい人に売って、そのお金の全額または一部を寄付する。というのはいかがでしょう?

  2. おし より:

    確かにGS1200を引っ張り出して乗る時は気合が必要ですね。
    チョイと前までRZも乗っていましたが旧車も同じなんですよね・・・CBRならカッコいい、車検ない、気合いらない。欲しいです。
    連休前に知人のNPO法人のつてで13万キロですが軽トラックを用意し被災地に送るお手伝いさせて頂きました。自衛隊が頑張っている所と、何もなかった所の間が厳しくなっているようですね。スマートもそんな所で使って貰えればいいと思います。

  3. applefanjp より:

    ありがたい申し出ですね。
    しかし、住職もクルマ好きなんですね!
    小回りができて、檀家さんの御宅訪問に
    活躍していたのでしょうね。

  4. かず より:

    スマートの件は難しいですよね…。
    最近になって車を失った方々が、車を購入するようになってきたようです。
    やはり、気にいった車を買う人が多く、
    車に興味ない方々は軽4を…。
    燃費と実用性のある車は人気のようです。
    車のタマが少ない、手に入りにくいから何でも構わないょ‥という人が、意外に少ないそうです。
    大きくても小さ過ぎても駄目なんですって。
    先月、父のウィンダムを下取りに出した時に、このウィンダムを被災地に役立てれませんかとトヨタのディーラー担当者に尋ねると、そういう返事でした。
    スマートが欲しい人に
    売却しその一部でも義援金などにする事が、
    広く浅くの支援に成るのかなぁと、思います。
    あとは、ボランティア活動で訪問などされる団体さんなどなら、移動手段に良いのかと思います。
    善意が活かされたら良いですね。
    (^◇^)┛

  5. nak より:

    私も軽貨物を送ろうと思い、宮城の友人に調べてもらっている所です。赤十字にお金を寄付しても、自動車には化けないと思ったので。自賠責はつけますが、名義は変更しないとまずいでしょうか?おしさんの場合、どのようにされました?

  6. おし より:

    nakさん
    私は車を用意する役だったので、被災地での運用までは分からないんです。お役に立てずすみません。

  7. 真鍋清 より:

    小生の回りでも去る5月に弟が彼の2002年式カローラランクス1800Z・6速MTが119500kmに達してエンジンを全損させてしまい、代わりに2006年式のカローラランクス1800Zの4速ATの中古を60万円で購入する動きがありました。
    この場合一台目のランクスはエンジンを載せ替えること無く中古車市場に出ないまま哀れ廃車、被災地に提供されずに逝ってしまいました。
    こうしたチャンスは手近にあるようでいて意外とすんでの差で巡り合えないものですね―小生が2008年10月にレクサスIS350/2009年式の新車を購入する際に手放した1992年式メルセデス260Eは16万円の下取り値が付いてオークション経由でタイ、或いはミャンマー方面に流れた公算が大です∴震災時には国内には流通していなかったのは明白なのです。

раскрутка сайтов в киеве

www.profvest.com/2014/01/Zakazat-formirovaniya-ivest-portfelya.html

спортивный велосипед

このページの先頭へ