タイ製レッドブル

バンコクの定宿はチャチュンサオのホテルと全く違い天国のような居心地でございます。今回5階のフローリングの間。ネットもサクサク繋がるし電車の駅も近いし、空港やサービスガレージにも近いし朝ご飯だってウマいしで文句なし。最大の難点が「なかなか空いていないこと」。今回も金曜日までは別のホテルでした。

8053

タイのホテルは新しさを持ってベストとする

ラリーカーを置いてあるガレージはタイで最も規模の大きいタイヤ屋さんなのだけれど、今回行ったらSLRマクラーレンロードスターの722Sが! このクルマ、日本でも割り当て台数2台(世界150台)。7300万円でございます。タイだと関税で2倍くらいになる。オーナー、お金持ち。

8054

タイの金銭感覚にすれば5億円を超える!

バンコク滞在中の人生の幸せが「マンゴー」。ランクあって、1個150円〜250円程度。タイの物価を考えると決して安くないです。でも日本の価格を考えれば3分の1。当然の如く毎日ホテルに買って帰り「ウンマ〜!」。2時間900円のタイ古式マッサージもタイ滞在中の大きな幸せでございます。

8055

数字は1kgあたりの金額。Mサイズで500gくらい

気がつけばお腹の肉がだいぶ少なくなっている。もちろん体重も減った。ダイエットじゃなくて「自然に痩せた」ということになります。このペースでラリー開催されれば、やがて20歳代の頃の体重にまで下がりそうだけれど、次は11月下旬。ジム通いし、涼しくなったら自転車で鍛えなくちゃならん。

8051

タイはシャム猫の発祥地だけに、犬と同じくらいネコもいる。暑いので昼間はみ〜んなダラダラ。日本みたいに触ろうとすると引っ掻くヤツがいない。犬もダラダラですけど(狂犬病が残っているため絶対触らないこと)。一番凶暴なの、猿。私も以前アタマなでてたらイキナリ噛み付かれたことあります。

8052

そしてタイ名物と言えばレッドブル! タイに行くと毎日のように飲んでいる。なんか気合い入るのだ! 一説によれば無水カフェインの含有量多いそうな(日本のドリンクは50mg。レッドブル80mg?)。その他、物忘れに効果のある医薬品成分も入って居るという。原稿進みます。

8056

1本10B(27円)と安い

月曜日は夕方バンコクに戻ってホテルで原稿書き。火曜日も午前中ホテルで原稿書き。昼からガレージに行って打ち合わせし、その足でレンタカーの返却。夕方1時間だけ古式マッサージに行き、夜は開幕戦で監督をお願いした石井さんと。あっという間のバンコク滞在でした。

水曜日の朝8時15分のANAで成田。JALホテルを17時30分に出たら、首都高大渋滞! 至る所で事故が発生してます。中野まで2時間以上掛かっちゃいました。木曜日も朝から原稿書き。夕方に遅れを取り戻す。金曜日からいつも通りのスケジュールに。海だ釣りだ!

<おすすめ記事>

2 Responses to “タイ製レッドブル”

  1. ステッカーチューン より:

    リアルスーパーマンです。オンとオフ、公と私。行動力+。大きいことでは疲れなくても、細かいことではすり減るのを極力避けてほしいと。

  2. かず より:

    お帰りなさいませ。
    あっという間でしたですね。
    そう言えば、私のツレもラリージャパン出場に出場致します。

alex-car.com.ua/

www.best-cooler.reviews/

https://220km.net

このページの先頭へ