バイクのエコラン大会

2輪ジャーナリストやバイク雑誌など15チームが出走するカブ110のエコラン大会でございます。エコランのテクニックについちゃクルマと同じなので問題ない。難しいのが体重。近田茂さんなんか52kgだって! 私は85kg。その差33kg! カブ110の車重93kgだからして近田さんだと145kg。一方、私だと178kg。

10094

スタートは青山のホンダ本社

10倍すれば1450kg対1780kg。プリウスの1人乗りと、5人乗りである。しかも最後の10kmで140mくらい高度を稼がなくちゃならない。こらもう基本的に厳しいでしょう。ちなみに平地ならスタートの時に押してから飛び乗れば、若干重量の不利さも取り戻せるけれど、連続した登りだと打つ手無し。

10091

しかも雨!

されどスタートしてみたら雨。オーバーブーツ履いているため、押してからの飛び乗りも難しい。1回試したらオーバーブーツがステップに引っかかってコケそうになっちゃいました。そんなこんなで純粋にテクニックだけで頑張らなくちゃならない。ちなみに近田さんだけでなく、というバイクギョウカイの仙人も出てます。

尾藤さんは70kg。これまたハンデ15kgだから、クルマなら大人2人分。しかも途中から尾藤さんと前後して走ることになってしまったのだけれど、なんと私と同じような走り方をしてます。近田さんは早いペースで走っていたこともあり、途中で「こらイケる!」と安心したけれど、尾藤さんが手強い。

10092

ツインリンクもてぎに着いたらすっかり夜

私が1番手でツイリンク到着。最後の坂がキツかった! 雨降ってなければ3kmくらい押そうかと思ったけれど(レギュレーションで禁止されておらず)、もはやグショグショ。到着後、尾藤さんの燃料ゲージを見たらほぼ同じか、気持ち私の方が減ってる感じ。まぁ2位でもハンデを考えれば上々でしょう。

10093

ということで2位でした

尾藤さんは73,96km/L。私72,06km/L。コースが登り坂ばかりだったこともあり、エコランの奥義をほとんど使えず。帰りも同じ条件でやれば、秘技をたくさん繰り出せたのに‥‥。まぁ初めての2輪のエコランだったことを考えれば上々としなければなるまい。天気良ければ3kmくらい押したんだけどなぁ。

<おすすめ記事>

3 Responses to “バイクのエコラン大会”

  1. スペーシー100 より:

    是非、おやじバイクを更新してください。バンディット楽しみにしています。ホンダとの比較も楽しみ。

  2. 細川 より:

    エコラン2位、おめでとうございます。
    なんだかとっても楽しそうなイベントですね。
    走行距離もかなりあってプチ冒険の様相でとても興味をそそられます。
    ちなみに私もバイクに乗りますが、高速を使っても丸々2時間は掛かる距離を、地道でスーパーカブを使い、しかも雨で、さらにエコラン走行となるとかなり大変だったことと想像致します。
    まずは皆様ご無事でなによりです。

  3. びとっち より:

    お疲れ様でした。140km雨の中、お互い無事でなによりです。
    午後から国沢さんとランデブーになり「こりゃ真剣に走らねば」と国沢さんの走りを見て刺激を受けたのです。午前中は結構いい加減に走っていましたからね。
    しかし、エコランテクは国沢さんのほうが完全に上でしたから、今回いただいた優勝の楯は国沢さんからのプレゼントと考えておりますですよ。はい!
    ありがとうございました。

insta forex

ソース

у нас nbuv.gov.ua

このページの先頭へ