ペイトリオット

我が国の防衛相は北朝鮮のロケット(ミサイルもロケット推進の飛翔体)をPAC3で落とす命令を下す、というジョークを言ってる。余裕ですね〜。パ
トリオットの有効射程は20km。上昇限界15km。つまり狙われた地域の防空用であり、沖縄上空数十kmを飛んでいくロケットを落とす能力など持ってい
ない。

100歩譲って、北朝鮮のロケットが制御不能になり、さらに自爆装置も壊れたなら、大きいカタチで落ちてくる。その時に高度5〜10kmくらいで小
さいカタマリに分割できるかもしれません。するとたくさんの小さいな部品が広範囲に降り注ぐため、むしろ被害は大きくなるような気がしますけど。

ちなみに沖縄の米軍はPAC3でロケットに備える動きなど全く見せていない。もし動くとすれば、日本に対するお付き合いで、笑いをコラえながら「や
りましょうね」(沖縄イントネーションだとさらに雰囲気出る)。那覇本島を守るというなら、20セットくらいのPAC3が必要ですけど。

威勢の良いこと言って追い詰められて「キャン!」と泣くのは前原さんの得意技。田中防衛相は「馬耳東風」なので、しらんぷりか。ロケット飛ばす金あるなら人道援助なんか不要だろ、という国際的なアピールをする好機なのに。同じレベルでケンカしちゃアカンと思う。相手は黄昏野郎と同じ扱いでよろしい。

前々回のタイのキングスカップで一緒に走ったアメリカのアンドリューが何と! タイ人と婚約したという! そういや2月のバンセンの耐久レースの時にも来てましたね。永田もタイ人をヨメに貰えばいいのに。タイで日本の自動車情報を発信したら、きっと食えると思う。タイ版のベストカーもオプションもあるし。

アメリカ人はホントに「ロータリーロケット」って言う

アンドリューはSCCAのラリーに参戦しており、上の動画の初代RX-7の走りなんかけっこうイケてる! FR車なのにトラクションある感じ。86やBRZも動画のような走りが出来たら相当楽しいと思う。それにしてもRX-7って音が良い! 300馬力近く出ているそうな。いいね!

<おすすめ記事>

6 Responses to “ペイトリオット”

  1. applefanjp より:

    日本にが未練がないのなら
    タイで生活するのも悪くないと思います。
    永田さん、そうするのかな?
    ベトナムでも日本人の方が現地の方と結婚されてました。
    奥さん、良い方だったなあ。
    お子さんも可愛かった。
    自分も将来また海外で働きたい!って思っています。

  2. Rotarycoupe より:

    PAC3の件、私も家族に「落ちてくるならともかく、通過するミサイルに届くはずないのにね」と言っていたところです。SR-71ですら迎撃は難しいのに、飛び去る弾道ミサイルを迎撃できるとは笑止です。国民を馬鹿にしています。
    アンドリューの走り、RX-7なのになんだかストラトスっぽいですね。FRなのにリアが沈んでMRみたいなのは、戻す必要がなくて全開時間が長いからで、熟練したロータリー遣いならではでしょうか。

  3. ナベック より:

    おおっ!SA22!
    確か国沢さんも若き日に購入された車。
    小さくくて、軽くて、カッコよかったですよね。
    これを独自に4WDに改造してラリーに出ていましたっけね、
    モンスター田嶋さんのライバル、ロッド・ミレン。

  4. eichandesuyo より:

    今回の件では無いですが、以前から嘉手納基地にPAC3は配備されてます。 
     現在は嘉手納の国道58号沿いに配置しており普通に見れます。
     RX7の動画、映像も音楽もgoodで見てて気持ちいいです。

  5. kine より:

    初代RX-7、軽くてバランスが良いのですね!、でも、アメリカ向けはあんなにワイドトレッドだったんでしょうか?、それとも広げたのでしょうか?。

  6. マイスターキートン より:

    こんなに面白い記事のチェック漏れはとは、このマイスターキートンともあろう者(だからか)が、情けない。
    マスコミの有り様が、まさに物理学が嫌いと云うより、物理法則に恨みを持っているので、ワザと無茶苦茶を言いふらして、日本国民全員を白痴にしてやる〜!ですな。
    ブレーキのない原付で、どこに来るか分からないF1マシンをぶつけに行くようなものですな。
    ま、あの国の作るものなのでマッハ23に達しないまでもマッハ10ぐらい(元々の目標)は行くでしょうし、その場合の最高度は300km前後。
    違う違う、日本のマスコミはそんなんじゃない。愛国心いっぱいなので、気合いがはいっていれば竹槍で迎撃も可能と言いたい?

www.chemtest.com.ua

www.unc-mps.com.ua

このページの先頭へ