ヨットで10ノットオーバー!

本日も爆風ながら、昨晩、北西を向いているマリーナからホルルルにフネを回航してあったので(この時期、季節風で北西の海岸は大波が立つ)、試乗出来ることになりました。船名を出さなければぜひ乗ってみください、という約束なので残念ながら写真などはお届け出来ず。42フィートのヨットです。

12183

昼過ぎに出港

やはりヨットはECOです。というか自転車と並び、乗り物で最も環境負荷少ないと思う。燃料使わずどこにでも行けますから。面白いことに強い北西風のホノルル沖は、波まったく無しの海況で風速10〜15mという一定の風速かつ一定の方向から素晴らしい風が吹く。ヨットで軽く10ノット出るそうな!

12182

ダイヤモンドヘッドまであっという間!

アラモアナのマリーナ出てセールを展開するや「ドン!」というイキオイで加速! 何と! 信じられないことに半分プレーニングしてるじゃありませんか! 話には聞いていたけれど、ヨットでこんな走りをするとは! こら来年はぜひともヨットの操船練習をしたいと思う。10年後は間違いなくヨットです。

12181

前半分しかセールを展開しないでも速い!

感心しながら乗っているウチ、あっと言う間に日没。コンデジ(コンパクト・デジカメ)でもこんな写真が撮れました。水平線と接した太陽が広がるのは写真やTVRで見たことあるものの、自分の目で確認したの、初めてです。しかもとても風速15mの海面には見えないでしょ! 白波が一切立ってない。

12184

最近釣り修行してるので夕日はよく見ます

少し釣りでもしましょうか、ということで釣り糸を垂らす。5人で1時間くらい釣って2人は1匹づつ。私だけ2匹ゲット! さすが厳しい修行を繰り返してきた成果が出てきている感じ。マリーナに戻って塩焼きにして美味しく頂きました。ホノルル起きのサカナも美味しいです。エサは人工のイソメでした。

12185

日本のサカナと微妙に違う?

出航前、クルーと釣り道具屋さんに行ったら、何と高いルアーは日本製。写真はアオリイカ釣りのエギで有名な(他の釣り道具もたくさん出してる)、ヨーヅリでした。ヨーヅリのルアー、日本じゃあんまり見ないのに。私がルアー買ったと言ったら「ハワイの人はみんな日本で釣り道具買ってきてもらうのに」だって。

12186

ヨーヅリのルアー、一度使ってみようかしら

驚くのはサビキの仕掛け。これまた日本のブランドが世界一らしい。日本だと1セット100円から買えるのに、ハワイだと最低で3ドル59。おそらく中国で作ってるんじゃなかろうか。日本ブランドの人気は高いものの、中国で生産されちゃ日本の産業は盛り上がらない。どの分野も同じか?

12187

サビキは全て日本ブランドでした

いやいや素晴らしい体験になりました。日本に帰ったら松本さんにヨットの手ほどきをしてもらいましょう。ただ日本の海もヨットにゃ好適な北風ながら、超寒い。キャビン無いし、基本的に濡れます。暖かくなってからですね。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

もっと

ссылка alternatiwa.com.ua

https://apach.com.ua

このページの先頭へ