リーフで初箱根

リーフに対する信頼性が少しづつ大きくなっている。今まで基本的に東京都内か、せいぜい横浜往復くらいしか使っていなかったけれど、ここにきて距離を伸ばしたい気持ちになってきた。ということで今日は箱根の強羅に行く足としてリーフを御指名してみた次第。当然ながら満充電でのスタートです。

東名高速は80〜90km/hで他のクルマの迷惑にならないよう走り、小田原厚木道路も走行車線の流れに乗る。本日、多数の覆面パトカーと遭遇したが(下り車線だけで4台! 白だけでなく黒い覆面も居た)、1回もヒヤリとせず。元から制限速度はカンペキに守っているから問題ないですけど。

箱根町の庁舎にある急速充電器に着いた時点で、5分の2を残していた。おそらくこのまま山登りすることだって可能。箱根の試乗会ならノーチャージで行けることだろう。今回は明日の移動もあるので、箱根町の庁舎で充電させてもらいます。コーヒー飲みながら待つこと20分。90%になったため終了。

10041_001

電話するとカギを持ってきてくれる

9kWh入った。容量の10%を2,4kWhとすれば(リーフのバッテリー容量は24kWh)、11,4kWh使った計算。5分の2という電気量計の表示や、車載電費計の数字である8,3km/kWhとの整合性もある。ちなみにkWhという単位がヤヤこしいなら『L』だと思っていただきたく。当たらずとも遠からず。

10042_001

本来なら80%で止まるのだけど、そうとも限らないこと多い

本日の目的地である強羅は、箱根湯本にある庁舎からさらに山を9km登る。この区間の電費をチェックすると3km/kWhを下回った。わずか9kmで3kWhも喰った計算。到着後、明日の目的地である追浜の日産テストコースをナビに入れると「到着できない可能性があります」だって。ノーチャージで届くか? 

<おすすめ記事>

5 Responses to “リーフで初箱根”

  1. ともお より:

    初箱根、ご苦労様です。
    てっきり国沢さんは箱根制覇済みと思ってました。
    急勾配の登りで、平均電費が落ちてますから、「その電費のままだと届かないですよ」ということなんだと思います。
    また箱根の下りなら回生もマックスで利きそうですし、2kWhぐらいは取り返せるかもしれませんね。
    ただ、リーフのナビの仕様だと一度「届かない判定」されると、その後どんな展開になろうとも「届かない判定」を変えないような気もします。
    下りの回生情報よろしくです(^^)/

  2. newnew より:

    下り坂でひたすら回生充電できるのがリーフの特徴ですからね。
    充電せずとも追浜まで余裕でしょ!!

  3. applefanjp  より:

    おおっ、師匠。
    キケンな旅ですねぇ。
    でも、リーフを選択してくださって
    ありがとうございます。
    1枚目の後ろ姿、かっこいいじゃないですか!
    いいなあ。この後ろ姿。
    リーフはある意味「バックシャン?」でしょうか。
    かっこよく見える角度と
    エコカーアジアでご指摘のように
    なんでこんな?と思える角度が極端なんですよね。
    このクルマ。

  4. くまさ より:

    今頃箱根ですか〜〜!?
    前にEVでは箱根も行けないって言ってましたよね??
    私はi-MiEVですが箱根はテリトリーでもう10回以上!
    道志や河口湖は月に3〜4回、長野市や松本、軽井沢、草津、那須、京都にも行きました。
    確かに時間がかかるので、国沢さんのようにお忙しい人は無理でしょうが・・・

  5. knt より:

    はじめまして。
    リーフオーナーです。
    リーフの車重は約1800kg。100m上昇すると
    位置エネルギーは
    1800×9.8×100/3600/1000〜0.5kWh
    箱根湯本〜強羅で600mくらい登ってるとすると
    3kWh分の位置エネルギーにも変換されているために
    電費が悪化すると考えられます。
    標高差を求めるのにはルート・ラボのサイトがおすすめです。
    わたしが御殿場(冨士霊園)往復したときも、位置エネルギー分を気にしつつ、電費と距離をアタマで考えながら、今までのクルマにない楽しみ方ができました。

форд мондео

best-cooler.reviews

farm-pump-ua.com/oksaver.html

このページの先頭へ