リーフの新しい電池、もしかしたら極端に寿命短い可能性も!(17日)

リーフの電池寿命についてまたも不安な情報が流れている。下のグラフはアメリカのhttps://insideevs.com/という電気自動車関連のWebが発表したもの。上はリーフ中期型の24kWh型バッテリーの劣化度合い。そして下が後期型30kWhのバッテリー劣化度合いだ。もう少し詳しく数字を上げると、上は1年あたり3.1%の劣化率。下だと同9.9%という劣化率になるそうな。3倍だ!

もう少し解りやすくしたのが下の図。30kWhの劣化度合いの早さに驚く。このまま劣化進むと、3年間で70%というレベルに達してしまう。70%だと21kWhで、1年使った24kWhと並ぶ。この情報、1ヶ月ほど前に入手したため、すぐ日産に問い合わせてみた。「調べます」とのことだったけれど、回答無し。と思っていたら、アメリカ日産がhttps://insideevs.com/に返答してた。

「認識している。調査中」というもの。どうやら日産も30kWh電池の劣化の早さについて問題意識を持っているようだ。相変わらず日本のメディアの質問に対してはダンマリを決め込んでいる点が悲しいです。日産の電池に詳しい人からの情報だと「電池温度の上昇に対し30kWhの方が弱い」とのこと。この点、私も当初から心配だった。電池の冷却を行っていないです。

となると気になるのは「40kWhの新型リーフ用電池どうよ?」というもの。40kWh電池も電池の冷却を行っていない。残念ながら新型リーフの開発担当者への取材がほとんど出来ていないのだけれど、冷却についてだけ直接聞いた。答えは「不要だと思っているので行っていません」。それ以外、全く情報無し。前述の通り現実的に激しく劣化してる30kWh電池の情報も無し。

日産を信じるかどうかによって判断は違うと思う。ただ私は情報を出してくれなければ信じない方がいいかな、と最近考え始めた。この件、広報に問い合せているが、まだ回答がもらえていない。推測だが、事実をそのまま伝えることに危機感をいだいている? もしそうだとしたら、事実をまず早急に開示し、すぐ対策を打つことが最も信頼を得られると思う。

早い時期に日産が私の質問に対する回答を出してくれることを強く期待しています。繰り返すけれど、30kWh電池の激しい劣化について、日産はアメリカのメディアに対しては認める旨の回答をしている。一昔前なら全てのメーカーに直接話を聞ける責任ある立場の技術者がいたけれど、残念ながら最近の日産には直接聞けるような人が居ない。夜のバーで飲む人もいない。(笑)

自動車業界も情報が出てこなくなりつつあります。ハズレクジを引きたくないなら、とりあえずユーザーにとって大切な情報を出してくれるメーカーのみ信じるしかないように思う。

 

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

私たちの会社

создание интернет магазинов киев

also

このページの先頭へ