人生の最終コーナー

最近叔母のことを書いていなかった。一人暮らし出来なくなると、三つのチョイスがある。グループホームか、特別養護老人ホームか、老人保健施設といった具合。どれも入所するのに長い「待ち」を必要とします。叔母が援助してきた人に相談したら「任せてください」。チカラのある方なので期待したものの、ナシのつぶて。

どうなっているのか連絡してみたら「どうしようもないね〜」だって。親身になって応援してあげても世の中そんなもんです。ヨメと二人で「なんだよ! チカラね〜な〜」と大笑い‥‥してるバアイじゃない。何とかしなくちゃ! ということで、ホンキになって探す。ウワサ通り難関でございます。一流企業並みか?

これまた厳しい厳しい修行である。叔母の状況を考えると、生活の自由度の高いグループホームを持ってベストと考えている。良いところに入れればいいけれど。こらもう叔母と私の持っている運みたいなものでしょう。ただ私は簡単に諦めない。というか頑張らないと神様は評価してくれません。 

有り難いことにうなぎの新子が入ってきた。6Pも混ざっておりクオリティは相当のもの。早速試食してみたら、バッチリ美味しいです。これなら自信を持ってお出しできる。大幅値上げもとりあえず回避。ちなみにウチで2100円で出している鰻重、他のお店だと安くて2500円。普通3000円でございます。

ただ問屋さんに聞いてみたら「次も6Pを確保できるかお約束出来ない状況です」。このままの品質&価格なら何とかしのげるのだけれど。今年の夏はどうなるか全く予想できませんがな。うなぎ好きの方は直近の安値だと思える今のウチに食べておくことをすすめたい。幸い今年の新子は美味しいですよ〜。

清水クサイチ君の手下の伊達君というのがカマってもらいたいらしく、最近私のことを自分のブログに書いているという。どれどれ、と見に行ったが、う〜ん! このくらいじゃアカンなぁ。物事何でもそうだけれど、タマシイを込めなくちゃ。このまんまじゃ低いところに流れて行く人生だよ、とアドバイスしておく。

まぁ弟子を見れば師匠が解る。クサイチ君に恥をかかせないようにね。仕事無くて盛り上がりたいのなら考えてあげるけど。

<おすすめ記事>

6 Responses to “人生の最終コーナー”

  1. ナベック より:

    新子!
    是非とも伺わねば!(笑)
    そうそう、昨日覗いた吉祥寺の某百貨店で、
    地下の有名鰻店に、
    7月1日から値上げする旨の断り書きが・・・。
    経営判断は、いやはや難しいものですね。

  2. アミーゴ5号 より:

    清水さんの一番弟子
    マリオさん、頑張れ〜
    って、こちらで言うコメントではないですね。
    接点はベストカーでしょうか[E:sign02]

  3. COLT より:

    ベストカーで国沢さんとマリオ高野さんの対談を読みたいです。
    「NAVI TALK」みたいにレギュラー企画にしてほしいです。

  4. applefanjp より:

    こんばんは。
    伊達さんのサイト
    拝見させていただきました。
    個性的で元気があっていいですね。
    清水さんの姿が遠くに見えます。
    一緒に写ってらっしゃる写真ほど
    お近くではないかも知れません。
    私が口を挟むのもなんですが
    きっとわざとこういう構成にされているのだと
    思うのですが
    マインドマップといいますか、
    ウェビングといいますか
    整理していただいた方が読む方にとっては
    楽かなと思います。
    前人未開拓の分野に切り込もうとされています。
    そして、自分も大切にしている「人」が見えることを
    中心に据えておられますので
    これからも楽しみにしてます。

  5. さとう より:

    伊達さん。
    テニスの人ですか?

  6. アミーゴ5号 より:

    ベストカー企画で「お弟子さん対談対決」なんてのはいかがでしょう?
    テーマは「日本メーカーの足を引っ張らない政府のあり方」とか「女の子にモテるクルマ選び(今だからこそ)」とか「痛車のすべて」とか・・・
    ボツッスね〜。
    ( 」´0`)」

обращайтесь

www.progressive.ua

このページの先頭へ