原発反対

15時から潮風公園で撮影。珍しくJRとゆりかもめを乗り継ぐ。ゆりかもめ、新橋から380円もするのね〜。公共の交通機関って決して安くない。プリウスみたいに燃費の良いクルマか、電気自動車の方がずっとリーズナブル。こう書くと「クルマの減価償却や維持費があるだろ」と言う人もいるけれど、クルマは趣味です。

しがってそもそもクルマを持っている。そいつを使うんだから移動コストだけ考えればいいのだった。という概念がクルマに興味ない人にゃ通用しない。最近「う〜ん!」と思うのが、クルマを持っていない自動車雑誌の編集部員も少なくないこと。きっとクルマ好きじゃないのだろう。クルマの無い生活なんて考えられぬ。

17時からザッカー編集部で伏木センセと対談。テーマは『試乗レポートの時に気をつけていること』なのだが、例によって話は脱線したり口論になったりと、全くまとまらない。機会あったら動画を中継したいと思う。文章としてまとめる人に同情したくなることだろう。前回大いにモメた中国問題は販売中のザッカー誌で。

ニュースは石原新党と、そいつの関連ばかり。日本の70%以上を占めている原発反対派の人たちにとっちゃ最大にして最初のチャンスだと思う。原発反対派の人だけに票を投ずれば、自動的に原発廃止の流れになることだろう。私は次の選挙じゃ原発反対である渡辺さんの『みんなの党』かな?

明日は久しぶりの海。果たして天気やいかがか? 果たしてサカナは釣れるか? 息抜きしてきます。そうそう。本日聞いたのだけれど、以前から書いてきた「スバルのラスプーチン」は最近「天皇」と呼ばれているらしい。ますます足が遠のく。陛下となれば恐れ多いので、当面近寄らないようにしたいです。

<おすすめ記事>

3 Responses to “原発反対”

  1. Min より:

    クルマを持たない人がクルマ雑誌の編集…驚きです。
    会社としてはより一般の感覚に近い人を、と言う事なのかも知れないけどホントに大丈夫なのでしょうか?
    自動車趣味ってすでにオタクの領域なのでディープな人の起用は必須の気がするけど、編集能力ってのは別なのでしょうか。
    反原発議員。日和見のヤツも居るから見極めが難しいですね。
    小沢さんの所も反原発の様です。
    最近ドイツの発電方法視察などに出かけてるので本気度は高そうです。
    力のある人なので実行能力は期待が持てそう。
    ※決して小沢贔屓ではないですが。

  2. Min より:

    そのまま鵜呑みには出来ないかもですが、反原発議員のリストが出ています。

  3. applefanjp  より:

    うーん。
    政治はなんかもういいやって感じ。
    様子を見てましたけど
    しばらく静観しておきます。
    みんなそうじゃないかなって思います。
    とにかくなんかやってるけど
    流れていってます。
    抗うことなく、流れていきます。
    海、どうでしたか?
    青物かな?
    カワハギかな?
    楽しみにしています!

webterra.com.ua/prodvijenie-sajta-odessa/

https://np.com.ua/teplovoe-oborudovanie/plity-indukcionnye.html

центры лечения кардиологических заболеваний

このページの先頭へ