大津波に備える?

何回も書いてきた通り、我が国はメディアを含め数字に踊らされる。放射能100ベクレルの件も、3月31日まで150ベクレルならOKだったのに、今や100ベクレル超えは完全にエンガチョとなってしまった。そして昨日から津波津波津波。NHKまで高知から津波の危機を訴え始めたから驚く。

有識者会議が南海トラフ地震で発生する津波の最大値を発表したのだった。巨大である! そらそうだ。理論上の最大値ですから。この手の予想、「来ない」とも言えないし「来る」とも言えない。一つだけ言えることは「このサイズに津波から守ることなど不可能ですね」。堤防作ったって壊れると思う。

逃げることを考えたらいい。なのにメディアは「2〜3分で津波が来る。逃げられない」と危機感をアオる。よく見ると2〜3分で来る津波は1m。本波が来るまで最低で20分くらい掛かるという。しかも津波到来が早い地域ほど大きく揺れる。当然のことながら「津波が来るぞ!」と本能的に解ることだろう。

健全な精神を持っていれば「安全に逃げるシステム」を考えるだろう。しかし「この機に乗じて儲けてやる」と思う輩もたくさん出てくる。政府の有識者会議の発案だけに、十分説得力あります。数字が一人歩きして土木工事が始まると思う(当然の如く大きな堤防を作ってくれという声は出てくる)。

問題となってくるのが停止中の浜岡原発。現在作っている巨大な堤防の高さ以上の津波が想定されている。ここには燃料棒が約9千本残っており、今でも冷却を続けている。大きな揺れで内部の配管類が破損したりすれば、停電しなくたって(3日間停電してもメルトダウンする)オシマイ。

この機会に燃料棒を取り出して廃炉する作業を進めるべきだ。只でさえフクシマの2号炉と4号炉は危機的な状況にあり、大きな地震一発喰らったら最悪の状況になる可能性大。4号炉の燃料プールが崩れ落ちたら、誰も近寄れなくなります。いつ来るか解らない巨大津波より、よっぽど危ない。

4月1日のTPOについてのコメントのウチ「エイプリルイフールでしょ!」や、毎年の如く素直にダマされちゃった人は(昨年はお休みしました)私にとって素晴らしい読者の方でございます。小数ながら不満がある人もいるようだ。粋じゃない人は私のWebを読んでも腹立たしコトばかりかと。

<おすすめ記事>

2 Responses to “大津波に備える?”

  1. 四号炉プール より:

    農耕民族の日本人は、狩猟民族のような迅速に優先事項を解決する能力が欠如してるようです。
    国沢さんが心配してるように日本のアキレス腱は福島第1のむき出しになってる4号炉プールの使用済みプールです。いまでも震度5の地震にしばしば揺らされている。これが震度6だったら崩壊する可能性大です。
    いまだに東電の下請け部隊が延々と作業してますが、国難を考えたら国とゼネコンが総力上げて4号炉の補強と囲いの設置を急ぐべきでしょう。
    いつくるか分からない南海トラフの34mの津波の防波堤つくるより福島第1が優先度第一です。

  2. applefanjp より:

    誰もババ抜きしたくない!
    責任とりたくない!
    怖くてしょうがない。
    ただ、時間が経過するのを待つだけ。祈りながら。
    税の話と政局で
    みんなの目を逸らす。
    やっぱ、うまいことシナリオを書いている人がいる。

www.profvest.com

このページの先頭へ