新サスペンション

定刻より少し遅れて成田空港着。4時間くらい寝られたので朝から動けます。時差もあまり無い感じ。そういえばフランクフルト空港のセキュリティチェックで「特別検査」を受けさせられた。X線検査で何か奇妙なブツが見つかったらしく、モニター見てたヒトが責任者を呼ぶ。このヒトも不審に思ったらしい。

真顔で「カバンを開けて見せてくれ」。当然ながら「どうぞ」と答える。探し出してきたのが、下のUSBメモリ。こんなサイズの爆弾があるのか? そもそもUSBメモリで特別検査なんぞしてたら、時間掛かって仕方ない。「これか?」とあきれながら聞いたら、責任者だけに向こうも意地になった。

6281_2

引っかかったUSBメモリ

部下に対し「別室でチェックしろ!」。おぅ! さすが国家警察のDNAを残す。ただ部下は超アホらしいと思っているらしい。責任者から見えなくなった途端、たいへん丁寧になり、爆発物検査の窓口でも皆さん私に同情的。秒速で終了。見送りまでしてくれました。ツマらん人間は世界中に居る。有事で出会うとイノチに関わる。

空港からそのままプリウス用ネオチューンコンフォートの最上級バージョンである『リアサブシリンダー』仕様に変更すべく、いすみ市のサンコーワークスへ。1台分2万9千円のネオチューンで十分満足できる乗り心地になったけれど、喜多見さんによれば「もっと良くなります」。

6282

下側に減衰力調整ノブが付く

縮み側と伸び側に6段の減衰力調整が付いている。標準は縮み側がコンフォート仕様より緩く、伸び側で硬くなっているそうな。とりあえず標準を試す。するとどうよ! やっぱし調子良い。ここまで来るとプリウスが違うクルマになってしまう。リアだけでこんなに効くのか、と再認識しました。

FF車の場合、フロントの依然度が高いと思っていたけれど、そうでもなかったのね。サスペンションの取り付け部の補強を加えてやれば、それこそ目標だったVWゴルフに届くかもしれない。ここまで来たら最後までやってやろうか、という思いが湧いて来ちゃいます。いかんいかん。

乗り心地の悪さで悩んでいるなら試してみる価値大。もちろんプリウス以外の車種や、数万km走って「そろそろショックアブソーバーが厳しい」と感じるようになったクルマにもすすめておく。秋には東京都内にガレージをオープンするというので、もっと気軽になると思います。

<おすすめ記事>

2 Responses to “新サスペンション”

  1. アチ より:

    ネオチューンコンフォートをリヤにやってみたくなりました。
    そちらのおかげで、マイカーSPLネオチューン使用です。
    川崎店&いすみ市も行っています。
    レーシックですがもう大変、1.5の視力が出ています。
    没問題!!
    大没問題!!
    好極〜〜了!!!です。
    国沢さんのー9.0レーシック治療も、聞いてきています。
    OKとのことですよ、ビビッてください。
    今度お店に行ったとき、情報交換をば(笑)。

  2. applefanjp より:

    お帰りなさい!
    うーむ、良いアブソーバーってそんなに効果があるんですね。
    プリウス乗りの方々は注目ですね。
    USBメモリで引っかかったことはないです〜。
    面白かったのは、家の鍵のついた
    VWトゥーランの鍵でしたねぇ。
    警備の方が金属の部分をヒョコヒョコと
    出しては引っ込めてニコリでした。

https://www.chemtest.com.ua/

farm-pump-ua.com

このページの先頭へ